苦手だった節約が楽しくなるとき

私は今まで節約とはほど遠い人生を歩んできました。

欲しい物は購入し、旅行に行きたい時は旅行に出るという

浪費癖がついていたのかもしれません。

そんな私が節約を決意したのは、彼氏との結婚が決まったからです。

彼との結婚は夢であり、自分のしたい結婚式をしたいとずっと考えていました。

そのために節約することは難しくないと思っていたのです。

しかし節約をしたことがない私はその方法すら分かりませんでした。

手始めに始めたのは、給料日前にお金を降ろしたら、

次の給料日まではお金を降ろさないということでした。

食費代・雑費代とあらかじめお金を分けることによって、

自分がどのくらいお金を遣っているのかも把握することができ、

自分の家計で節約すべき点などを見直すことができました。

それが慣れてきたら、食費を見直しました。

いつもはコンビニ食が多かったのですが、

お休みの日にまとめて作り置きをするようになりました。

健康的であり、とても経済的でした。

まとめてつくることによって、ごはんを作る時にかかる

光熱費も浮くので、とても節約ができたと思います。

こつこつと自分のできる範囲の節約を続けることで、

ストレスもなく、目標金額にあと少しで達成します。

お金を貯めることもだんだん楽しくなってきました。

これからも続けていこうと思います。