自給自足こそが一番の節約です。

保険料や電気・ガス・携帯電話や固定電話のプランを見直して家計の固定費の削減すれば節約が出来、貯蓄を増やすことが出来ます。

しかし、どの家庭でも削減不可能な項目があります。

それが食費です。

特に育ち盛りの子供がいる家庭では減らすことは出来ません。

しかし、食費を減らしても食事の量が減らなければ問題はないのです。

では、食費を削減しつつ食事の量を維持するにはどうしたらよいのでしょうか。

私がたどり着いた答えは【自給自足】です。

庭のある家庭は庭に花を植える代わりに野菜を育ててみてはどうでしょうか。

また、マンションなど庭の無い家でもプランターを使えばほとんどの野菜の栽培は可能です。

どの料理にも使用できる玉ねぎ、ジャガイモもプランターでの栽培が可能なのです。

それどころか玉ねぎ、ジャガイモ、さつまいも、ニンニクなどは基本的に植え付け後は水遣りの必要もなく、やせた土地でも多くの実をつける特徴があります。

収穫後も涼しい風通しの良い所に置いておけば数ヶ月に渡って保存が可能なので、かなり家計を助けてくれます。

植え付ける苗や種芋も安価で手に入るので、手軽に始めることが出来るのでオススメです。

また、夏にはきゅうりやゴーヤ、トマト、ピーマン類、ナスなど一つの苗から大量に実が収穫できる野菜を育てれば毎日何らかの野菜を収穫することが可能です。

スーパーで肉や魚さえ買えば、毎日何らかの夕食を作ることが可能です。

また、夏休み中の子供のおやつとして庭に実ったきゅうりやトマトを自分で収穫させて食べさせれば食育の勉強にもなります。

無農薬の野菜の味の濃さや美味しさを子供も学んでくれるので、とても良い機会だと思います。

このように一年を通して何らかの野菜を栽培していれば驚く程食費を削減することが出来るのです。

また、赤紫蘇やハーブを育てたり広さに余裕のある人は果実の木を植えれば自家製ジュースや果実酒を作ることも可能です。

手間は掛かりますが、自然の恵みを十分に受けて家計も節約出来れば最高ではないでしょうか。

42歳シングルマザー三人子持ち

障害年金と母子扶養手当とアルバイトで生活しています。

長男は社会人で家を出ています。長女は大学四年生で学費は奨学金ですが、月に三万諸費用として渡しています。

次女は五年生。養育費派もらえず、十年やって来ました。

次女の大学の入学金は学資保険で積み立てています。

今は、車は所有することができないので、90ccのバイクに次女を乗せて頑張ってます。

隔月15日に224578円振り込まれます。

まずは、車を所有しない事で大幅に節約できています。

次に、住まいは県営住宅の古い所に住んでおり、家賃は17800円なのですが

減免申請により、半額で済んでいます。

通信代は、スマホを一台持つより、ガラホとタブレット持ちの方が安いので、二台持ち。

月7000円です。スマホの頃より安くなりました。

食費は、女二人ですが、育ち盛りの小学生なので、小さく安いものを色々な種類の野菜や果物、食品を買うようにしています。

飽きられないように、楽しく食べられるように、子どもの好きなグラタンや、かつ丼、パスタやカレーライス、ハンバーグなど、頑張って作っています。

お風呂は、シャワーがないのでそれ自体で節約になっていると思います。

湯船から使うので一目瞭然なのです。二月で5000円です。

ガスはお風呂とコンロで3000円。野菜はレンジで火を通してから調理しています。

コストパフォーマンスが最強、コンビニのコッペパン

最近コンビニで120円前後で販売されている「コッペパン」にはまっています。

大手コンビニチェーンで買える、このコッペパン、適度にふわふわしていて柔らかく、大きさも手軽な上に、コストパフォーマンスが最強なので、お昼ご飯には最適です。

店にもよりますが、外でお昼ご飯を食べようとすると、500円~1000円かかってしまいます。それを考えたら100円台でそれなりにボリュームがあるコッペパンは節約の強い味方です。最近では、いちごやあんこなど、コッペパンの中身もバラエティ豊富になっています。

さすがに毎食というわけにはいきませんが、飽きない程度に、適度にランチに取り入れたいと思っています。

節約をする上で一番削りやすいのが食費です。

でも、あまりにも食費を削ってしまうと、なんだかつらい気持ちになってしまいます。

そして1人暮らしならよいのですが、家族もいるとなると、あまり食費を削りすぎるわけにもいきません。

そこで、使い過ぎないようにしつつ、パンや外食も取り入れた上で、なるべく食費を抑えられたらいいなと考えています。

節約したストレスで無駄遣い、なんて意味のないことにならないように、これからも、適度に頑張りたいものです。

節約して貯蓄を増やすためのアドバイス

節約をして貯金を増やすにはどうすればいいかは、結局とてもシンプルに『お金を使わない』ことだと思います。家計簿をつけても結局は徒労と自己満足で終わりがちでストレスだけがたまって長続きしません。最も節約できる部分は食費ではないかと私は考えます。

まずは、何か所もチラシを見てお店の梯子をしないことだと思います。全て安いというお店はありません。生鮮食品が安くても調味料・生活用品が高いなど一長一短です。ドラッグストアなどでまとめ買いはしますが、日々の食料品はまずは生鮮食品が安い店を選び、たまに生活用品等が必要になった時にも、少々割高でも同じお店で買ってお店の梯子をしないことです。

お店の梯子をするとあれも安いからとか結局要らないものを買ってしまいます。また、買い物をし終わってレジでレシートを貰ったらレジ袋に買った物を入れながら本当に要る物だったか確認します。最後にレシートを再度その場で見直して、再度安く要る物を買うことができたか確認します。家に帰ったら冷蔵庫や収納庫にしまいながら、冷蔵庫や収納庫に今何が入っているか確認します。

ダブっているものはないか、賞味期限が近いものはないか、ストックで今日更に一品何か作れないかなど考えます。また、料理をするときに肉など冷凍できる食材を少しだけ取り分けて冷凍しておくことで後日、少しだけ豪華な料理が作れます。これらをすることで食費はかなり減っていき、無駄な買い物が防げ、貯蓄が増えていくと思います。

節約するなら食費より保険代

家計の節約は主婦の悩みの種のひとつです。食費を節約するためにスーパーではなるべく安い特売品を買うとか、もやしなどの安い食材でかさ増し料理を作るなどの努力をしてる方もいるかもしれませんね。

慣れてしまった生活のレベルを下げるってのはなかなか難しいし、食費を節約しようとすると多かれ少なかれ我慢を強いられることになります。

でも現状の生活レベルを維持しながら我慢することなく節約できる項目があります。保険代です。

例えば自動車保険なら同じ保障内容でも会社によって何万円もの差があります。

我が家もインターネットで加入できる保険会社に切り替えたことで自動車保険代をかなり節約することができました。

仮に年間5万円安くすることができたとします。食費を年間5万円節約するには毎月4000円以上今より切り詰めなければなりません。食費を今より4000円削るってかなりキツイです。

でも自動車保険代の節約なら安い会社に切り替えるだけで、大好きなお菓子やお酒を我慢したりもやしや豆腐でかさ増しした料理を食べなくてもいいのです。

自動車保険だけでなく、生命保険や医療保険も必要以上な保証をつけていないか、必要ない保険に入っていないか見なおすことで節約になります。

今は無料で保険相談にのってくれるサービスがたくさんありますから上手に活用しましょう。

日々の買い物について

私の節約法は、金銭的にピンチになったことから生み出しました。今月あと10日間の食費が5千円しかない。10日間を日で割ると一日500円で過ごさなければいけないのですが、まずは、食費を節約することから考えました。3人家族なので、3人分の献立を考えます。

朝は食パン150円、あと350円で昼と夜ご飯を考えます。昼はみな仕事や学校にいくので、それぞれで調達しますが、私はおにぎりと冷蔵庫に残っている野菜を具にして味噌汁を保温容器にいれて持っていきます。具はニンジンやサツマイモ、ジャガイモ、玉ねぎ、わかめ、ネギなどなんでもよいのです。晩ごはんは、かに玉をします。かに玉といっても、カニ棒100円です。それとネギ100円、玉子150円があればできます。これで350円ぎりぎりに収まりました。

別の日の晩ごはんは、コロッケです。玉ねぎ1玉40円、ジャガイモ4個160円、豚ミンチ150円(値下げ)、買い物は夕方に行き、生鮮食品が値下げした頃に買うとお得です。これに味噌汁やおつゆを足して、晩ごはんを乗り切ります。

しかし、余裕のある時は、野菜も肉や魚ももう少し栄養のあるものをしっかりとるように心掛けないと、風邪をひきやすくなったりしますので、かえってお金がかかりますから、500円晩御飯はあまり続けない方がいいかもしれません。

私の食費節約術を紹介したいと思います

今日は主婦の永遠のテーマ「節約」についての記事を書きたいと思います!

節約って、いっけん貧乏みたいなイメージがありますが、私はそんな事はないと思っています!

だって、節約したお金で買えるものがあったり。

節約して貯めたお金で、家族と旅行に行ったり。

夢のための節約って素敵じゃないですか。

そんな私は主婦1年目のまだまだ駆け出しですが、この1年で特に食費の節約に力を入れていきました!

今までは料理も大してしなかったので、はじめはスーパーに行っても何が高くて何がお得なんだかよくわからず買っていましたが、だんだん別のスーパーに行って「こっちの方が安かったじゃん!」「こっちの方が沢山はいってた?!」なんていう事が多く、1円でも安く食材を手に入れたい!という思いから始めました!

まず1つは「面倒でもスーパーをはしごする」

一か所ですべて買い物が済めば楽チンですが、例えば業務スーパーだったら調味料が安いけど野菜の品揃えが少ない…この店は独自ブランドで安く買えるけど、あれは売ってない…なんて事ありますよね。

でもここは散歩がてら、ドライブがてらはしごしちゃいましょ?!10円安かった!が10回続けば100円になります。

次に「野菜は100円以上のものは買わない!」

野菜って1番その日によって価格が変わりやすいですよね。今日はこれ作ろう!と考えて食材を選びに行っても高い!なんて事もしばしば。

私は最初にお店を見にいき、100円未満の野菜を購入!買えた野菜を使って作れるレシピを作るようにしています。どうしても!って時は100円ローソンにいって8円妥協しますが。(笑)

買えた野菜から決める事でレシピの幅も広がりますよ?

ぜひ試して見てください!

買い回りで食費節約月々15000円

家族3人暮らしです

私の住んでいる場所には4件のスーパーがあり、激戦区です。特に土曜日は土曜朝市というものが開催されており、とてもお買い得です。

新聞は節約の為取っていませんので、ネットで金曜日に4件すべてのチラシをチェックします。そして、これはここ、あれはあそこというように、土曜日は朝九時から4件はしごします。野菜は100円以上のものは買いません。卵は10個98円のものをかいます。調味料も今必要でなくても安いならストック買いしておくので、我が家はストックだらけです。

お米も朝市で5キロ1200円ででているので、そちらで一ヶ月もたせます。

お肉は29日肉の日に、工場直売所にいって、キロ単位で一ヶ月分買います。トリミンチなどはグラム23円、合挽きミンチもグラム100円と、とても安いので、家で小分けして、ジップロックで冷凍保存して使っています。

子供がいるのでウィンナーは必需品ですが、こちらも直売所で一キロは入って600えんなので一気にボイルして、冷凍保存です。

だいたい、週に一回野菜やパン、調味料を2500円計算で週に4回で10000円、米が1200円、残りがお肉代です。

魚は鮭や塩鯖が一切れ(塩鯖は半身)59円なのでそちらを利用しています。

節約は楽しみですし、余ったお金を他にまわせるので、やめられません。

食費は決めた金額をオーバーしないように徹底。

お金って使うのは本当に簡単でとっても楽しい。

そのおかげで欲望のままに使っていたらあっという間にすぐ無くなってしまいますよね。

それに比べて貯蓄を増やすには日々の努力が欠かせません。

小さな節約の積み重ねが大切なんだろうけど、私の場合はコツコツとするのが実は残念ながらそんなに得意なタイプではありません。

でも、そんな私でも実践している節約を紹介します。

まず、家計の中で一番出費がかさむのが食費ではないでしょうか。

自転車や車など、便利な移動手段を持っていれば1円でも安いスーパーを駆けずり回るのも一つの手段かもしれません。

しかし私の暮らしているエリアはスーパーの数はかなりの少数。

さらに幼児を育児中で、移動は徒歩のみ。

…となると複数のスーパーを選り好みは出来ません。

そんな私は基本、1日のスーパーでの買い物代は幾らまで。と決めています。

数日分まとめて買い物する時は当然1日分×日数になります。

その為サイフの中にはその金額までを入れて行きます。

ほとんどの場合はメニューを最初から考えないで、スーパーに到着して、その日の安い野菜や主食をメインで購入しながら献立を考えます。

冷蔵庫に入っているものから使って料理をするようにし、予備の食材はなるべく増やさないようにします。

大根の葉っぱなども一品となるので捨てないで使ったりします。

とにかく金額をオーバーしないで徹底し、浮いたお金が出来れば、ご褒美や貯金にまわせます。

それが出来た時の喜びで、また頑張れています。

食費節約はカレーとラーメンから始めてみてはどうでしょうか。

カレーとかラーメンは国民食と言われるほどにポピュラーな料理となり、チェーン店やメニューに採用している店が多いので外食でもお馴染みです。でも、外食だと安くても500~600円程でしょうか。高いものになると千円札でもまだ足りないこともあります。

私は食費節約の為に自炊していますが、自炊が定着して思ったのはこういったメニューを外食で摂るのはコスパは悪いのでは、ということです。

コンビニではあまり実感できませんが、スーパーへ行くと袋麺なりレトルトカレーなり、とても安価に販売しています。1袋あたり100円を切ってしまいます。では、味はどうなのかと言うと、カレーについては昔から外で食べるのとレトルトで大差は無いと感じます。ラーメンは最近の生めんタイプと称するものは本当に食感も含めて高いレベルになりました。もちろん、飲食店を巡ればインスタントものよりも遥かに美味しいものはあるのでしょうが、それなりにお金もかかります。

本体はある程度のレベルにきましたので、あとは具です。レトルトカレーは具も入っています。ラーメンも、ネギやメンマが絶対に必要な具かと言えばそうではないと思います。チャーシューが入っていればいいところでしょう。これもスーパーや肉屋で買えます。

私の近所に美味しいと評判のラーメン屋さんがあって食べたくてしかたない時がありますが、具のレベルや時間と手間を消費することさえ心の中で消化できれば財布から消えるお金は外食よりも少なく済みます。

自炊と外食とで同じメニューを金額で考えれば、外食はお金を払い過ぎていると思えるようになります。