元銀行員だけど貯金が出来ないししたくない

元銀行員と言うと、さも貯金がたくさんあって運用上手で賢くしこたまお金を貯め込んでいると思うかも知れませんが、そういう人ももちろんいますが、わたしは貯金は苦手というかなるぺくならしたくないし、節約なんて自分を安く扱うみたいでとんでもないと思っています。

小さい頃お年玉をもれなく両親に取り上げられたとか、貧乏で毎日の食べるものにも事欠いていたなんてことはありませんでした。が、戦後生まれの母はとても貧乏過ぎる家で育ったために「貯金」「貯金」とうるさかったのです。わたしの給料を管理して三分の二は家に入れさせ、残りの9割は貯金させて通帳印鑑は管理し、おこずかい制でやりたかったようですが、誰かから何か言われたのかそこまではされませんでしたが、「貯金は幾らか」「いくら貯めてるのか」「何を買ったか見せなさい」「いくらだったのか」「(1,000円のカットソーでも)そんな高いものばっかり買って!」と言われました。

人のせいにするのかと言えばそうなんですが、毎日「貯金しろ」「無駄遣いするな」「買うな」「会社終わったらまっすぐ帰ってこい」「飲み会出るな」「残業?晩御飯出るの?」なんていわれたら壊れます。現在貯金よりも借金の方が多いです。月収は銀行員時代より高くなったのに。

もし、子供を持つ親御さんでしっかり貯蓄と節約を考えて欲しいと思ったら、「お金の話は前向きな話しかしない(間違っても「うちにはお金がない、貧乏だとは言わない」)」「お金は喜びの対価である(間違っても辛く苦しい汗水の結晶とか我慢料なんて言わない)」「欲しいものはだいたい買って与える(我慢を覚えさせるとか贅沢を覚えさせないというのは戦前の話です)」「お金は感謝して送り出し、受け取ったら歓迎する」をやりましょう。

貯金とは「苦しみや苦労の量」ではなく「喜びと感謝の量」なのです。

私のちょっとした節約方法

一度は聞いたことがある500円玉貯金ですが、私の場合は貯金箱に貯金するのではない方法で貯金をします。

その方法は、長財布に小銭を入れる場所を2箇所用意して、500円玉が入ってきたら、500円玉専用の場所に入れるのです。そしてそこは入れるだけで決して出さないという法則を決めて、お釣りで500円がきたら入れるだけなのです。この法則を崩さずに普通に生活をしていると、1ヶ月5,000円は貯金できます。年間に換算すると60,000円にもなります。

ポイントは知らず知らずに溜まっていくという点です。

普通に生活をしていて溜まるのですから、浪費グセのある人でも簡単に貯金ができます。

そして、取り出すことのできない缶に淡々と入れていきます。缶がいっぱいになったら銀行へ貯金しに行きます。

なかなか貯めることが苦手な人もこの方法なら、簡単に貯めることができます。

チリも積もれば山となるです。

そしてもう一つ私が行っている貯める工夫は、家電を使って家事をした時に、いったい外に出すとどれだけかかるかを調べて、外に出したつもり貯金をします。

例えば、クリーニングにワイシャツを出したとします。すると200円カケル5日で、1,0000円かかります。ただ家で洗うと1,000円節約できるのです。なので1ヶ月で4,000円の節約ということで、家計費から4,000円を貯金するようにしています。

低収入が貯金するためには食事を節約することです。

わたしは30歳になる女性です。わたしは保育士として10年以上働いてきていますが、保育士は叫んでも騒がれているように、とても給料が安いです。同じ保育園に10年働いてきてもわたしの手取りは14万円をきります。

ほんとうに子どもの命をお預かりする責任のある仕事で、また保護者や保育士同士のすごく面倒くさい人間関係、それに加え、毎日の残業に持ち帰りの仕事。もちろんサービス残業です。そんなわたしが少しでも自分のご褒美を買うために節約をしているのが、食事です。節約できるところは、食事しかないと思いました。毎月の給料を小袋にわけ、それ以上は絶対にはみ出さないようにすることです。

貯金もしたいので、必ずそれだけは守っています。食事はいかに安く済ませるか…でも一人暮らしなので、買いだめせず、そのは、安いものを買うようにして、食事を作るようにしています。

メニューを決めてから買い物だと、高い食材でも買わなければならなくなりますが、スーパーに行って、安い食材を見てからメニューを決めることで、とても節約になっています。こうやってわたしは地道に節約をし、1000円でも、2000円でもいいから、貯金に回すようにしています。

貯金をするなら子供が中学に上がる前に!

貯金は小さい頃から一応考えてはいました。

働き始めてから貯金はわずかですが結婚式費用として貯め始めました。

若い時は、貯金しようと思っても貯まらず、貯まったら使うのでなくなります。

本格的に始めたのは結婚してからです。

旦那のボーナスを貯金していきました。

子供が生まれてからは児童手当を使わず子供に貯金していました。

子供が小さいうちはお金があまりかからないので、無駄使いせず、コツコツ貯めました。

その後、旦那がリストラにあい、ボーナスが無くなり、給料も下がったので貯金はできなくなりました。

なるべく貯めたお金は使いたくなかったので、お金が必要な時は自分の貯金から借りて返すことにしました。

貯まりもしないですが無くなりもしないので、今考えたら良かったです。

後は祖父母からの入学祝いとかを全て貯金していました。

節約は、水道代を節約できていると思います。

茶碗を洗うとき水を少なめに出して洗います。洗濯は汚れているものは手で汚れを洗ってから洗濯機に入れ、洗濯槽に水は2回しか溜めません。

この方法で近所からはすごく安いと言われています。

一応、電気も、豆に消してはいるつもりですが電気代は安くなりません。

子供が中学生になった時点で貯金は減り始めました。

貯金を頑張ろうと思うなら子供が中学生までだと感じています。

貯蓄を先に!

私は、つい最近までは貯金することが苦手でした。

ついついほしいものがあるとクレジットで買ってしまって、ひどい時には貯金の金額が5ケタしかなかった時もあります。

そんな私ですが、上手く貯金をする方法を友人から聞いて試してみたところ、貯金の額が順調に増えるようになりました。

その方法は本当に簡単で、先に貯金をしてしまうこと、クレジットと貯金の口座を別にしてしまうことです。

先に貯金をするというのは私にとっては盲点でした。

先に貯金に回してしまうことで、遊ぶお金にしてしまわないようにするのです。

生活費や遊興費に先に使ってしまっていた私は、そこで使いすぎてしまい、定期的に貯金することが出来ていなかったのです。

また、クレジットで使う口座と貯金の口座を一緒にしていたので、私は口座に余裕があるだけ使ってしまっていました。

でも、口座を別々にすることで、貯金のためのお金まで使ってしまうことをふせぐことが出来るし、
額が減るので無駄遣いしないように注意するようになりました。

本当に、簡単な工夫なのですが、貯金を先に意識することによって、
貯金を計画的に貯めるようにするということが出来るようになるのです。

特に、先に貯金をしてしまう方法は本当にきちんと貯められます。