衝動買いが最ももったいないと思う

お金をためる上で節約は欠かせませんが、最ももったいないと思うのが衝動買いです。

理由は、買ったあと、失敗した、なんでこれ買っちゃったんだろう?と後悔することが多いからです。

たいてい、衝動買いは、そのときのトキメキ、「これ、かわいい」や

洋服や化粧品などは店員さんに「お似合いですよお~」と褒められて買ってしまうことが多いのです。

衝動買いをしないためには、まず、その日に買わないことが1番です。

その日は買いたくても、ぐっと我慢して、家に帰り、自分の持ってるものを見て

「本当にあれは必要なんだろうか?」「他の洋服とコーディネイトしやすいだろうか?」と考えます。

1日たっても欲しい場合は、本当に欲しい物ですし、

たいていのものは、やっぱり持ってるものと被ってる、あるいは買っても持っているものと合わないと」いう理由で

買う必要がありません。

特に洋服などは金額が高いので、まず衝動買いを控えるというのは

大きな節約になります。

また、自分の持っているものをよく知っておくということも大事なことです。

これ持ってないと思って買ったら、引き出しの中に同じようなものがあったというのはとてももったいないです。

必要なものだけを買うというのが、1番の節約になります。