こまめな窓とカーテンの開け閉めで節約

真夏や真冬になると深刻になってくるのが、冷暖房にかかる光熱費です。最近では熱中症やヒートショックなども知られるようになり、暑さ・寒さは我慢せずに適切な冷暖房の使用が一般的になりましたよね。でも、毎日エアコンを使うと冷暖房費は1ヶ月で数千円になることも。我慢をせずに冷暖房費を切り詰めるためには、窓とカーテンの開け閉めがポイントになってきます。

まず、朝起きた時の一仕事として、部屋の換気をしましょう。最近は防犯上の理由から、窓を開けて寝る家は減ってきましたが、夏でも冬でも換気は必須です。10分程度換気をするだけで、部屋の気温はぐっと下がります。夏は部屋を涼しくできますし、冬は暖房をつける前に換気を済ませてしまった方が、エアコンの無駄がありません。

そして、カーテンの開け閉めも重要です。冬場は太陽が出ている時間帯はレースのカーテンで光と暖かさを取り込み、それ以外の時間は遮光カーテンとの2重使いで気温が下がるのを防ぎます。夏場は、日差しが強くてエアコンを入れている時は思い切って遮光カーテンを閉め、夕方涼しくなったら開けて風と光を取り込みましょう。「せっかく晴れてるのに、照明代がもったいない」と思うかもしれませんが、冷暖房費に比べれば照明代は微々たるもの。気温や天気によって2枚のカーテンをうまく使い、少しでも冷暖房費を節約しましょう。

ハワイ旅行のために楽しい節約を

私は現在ハワイ旅行を目標に節約をしています。節約してることはいろいろあり不用品をリサイクルアプリで売っています。要らないものがお金にもなるし、家が片付いて一石二鳥です。独身時代につかっていたブランドカバンなどはかなり高額で売れて、三万円ぐらいにはなりました。

あと、してる節約は、作りおきレシピで料理をするということです。毎日スーパーにいって、安いからと思い買っていても献立にあわず野菜を腐られたりよくしていました。その点、作りおきレシピだと事前に考えて買って調理するので無駄なく使い切れます。

もちろん、毎日スーパーに行かなくてもすんでいます。家計簿も、毎日つけるようになりました。ちゃんと手書きで手間がかかるからこそ、本当に無駄なものがわかってきました。それが、固定費の携帯代と思いました。今や安いプランはいくらでもあるのに、携帯代は自動引き落としでいくら使っているか全く気にしてませんでした。

気づいて、主人と私の携帯二台を安いプランに変更しました。4000円強おさえることができました。こうやって、色々な節約を考えてやるのは、意外と楽しいです。あと、節約したあとには、ハワイが待っていると思えば頑張れます。

毎日買い物で節約する方法

節約特集によく出てくる言葉に「まとめ買い」ってよく出てくると思いませんか?

主婦の方などは毎日のお買い物をまとめて買うことでスーパーへ行く回数を減らしたほうがいいですよって事なんです。これの何がいいのかというとスーパーに行けば誘惑に負けてしまう可能性があるということなんです。買う予定はなかったのに「安かったから」「おいしそうだから」と無駄遣いしてしまった経験はないですか?

例えば1週間分まど、まとめて買う事でそういう「行けばつい余計な物を買ってしまう」という危険から回避できるという訳なんです。

でも車がない、1週間分の献立とか考えるの無理!って人も多いと思うんです。そのような人はもういっそ毎日行く事にしたらいいと思います。

毎日いくメリットですが、たとえばレジ袋をもらわなければポイントがもらえたり、スタンプを押してもらえ貯まれば金券に換えてくれるというサービスはないですか?これらは購入金額ではなく行った回数が大事なのです。

他にはスーパー独自の無料のミネラルウォーターのサービス。最初に専用のボトルを買えば毎日決まった量のお水がもらえますよね、これらは水道代の節約として利用出来ますね。

あとは何より買った食材を腐らす事がなくなるという点だと思います。

どちらがいいかは自分の性格や環境で決めてみてはどうでしょうか?

買い回りで食費節約月々15000円

家族3人暮らしです

私の住んでいる場所には4件のスーパーがあり、激戦区です。特に土曜日は土曜朝市というものが開催されており、とてもお買い得です。

新聞は節約の為取っていませんので、ネットで金曜日に4件すべてのチラシをチェックします。そして、これはここ、あれはあそこというように、土曜日は朝九時から4件はしごします。野菜は100円以上のものは買いません。卵は10個98円のものをかいます。調味料も今必要でなくても安いならストック買いしておくので、我が家はストックだらけです。

お米も朝市で5キロ1200円ででているので、そちらで一ヶ月もたせます。

お肉は29日肉の日に、工場直売所にいって、キロ単位で一ヶ月分買います。トリミンチなどはグラム23円、合挽きミンチもグラム100円と、とても安いので、家で小分けして、ジップロックで冷凍保存して使っています。

子供がいるのでウィンナーは必需品ですが、こちらも直売所で一キロは入って600えんなので一気にボイルして、冷凍保存です。

だいたい、週に一回野菜やパン、調味料を2500円計算で週に4回で10000円、米が1200円、残りがお肉代です。

魚は鮭や塩鯖が一切れ(塩鯖は半身)59円なのでそちらを利用しています。

節約は楽しみですし、余ったお金を他にまわせるので、やめられません。

図書館で本や雑誌、映画を楽しむ

休みの日、遊びに行きたいけれど、ショッピングや映画に行くとお金を使ってしまうのが悩み…という方には、無料で利用できる図書館がおすすめです。

夏の暑い時期や冬の寒い時期は、冷暖房費の節約にもなります。私は1日図書館で過ごすと決めた日は、飲み物と軽食を作って行きます。そうすれば、コンビニでつい買ってしまうということも防げて、一日お金を使わない、なんていうことも可能です。

私は市をまたいで4つの図書館を利用していますが、空間が好きなのはここ、勉強するのはここ、Wi-Fiが使えるのはここ、DVDがたくさんあるのはここ、と気分で行く図書館を決めています。ちなみに自宅にWi-Fiがないので、音楽や動画は図書館でダウンロードをして、自宅や外出先で楽しんでいます。

図書館は本だけでなく、最新の雑誌や新聞、CD,DVDまで見たり、借りたりすることができます。私は以前から本が好きで、その都度購入していたのですが、一度しか読まなかったり、場所を占拠してしまうので今では全部図書館で借りています。ベストセラーも予約をすれば借りられます。

ただ、予約の順番がくるのに半年待ちなどはありますので、せっかちな方は難しいかもしれないですね。持つのも楽しみのうち、と考えられるなら、いいサービスだと思います。ぜひ、休日は、図書館で有意義な時間を過ごしてみてください。

毎日の積み重ねがやがて大きな差を生む

“節約も貯蓄も、いきなりドドーンとお金が貯まるものというよりも
どちらかというとコツコツ積み重ねていく、という感じだと思います。

節約をするのであれば、無理のない範囲で他店よりも安いお店で買い物をする、昼飯のお弁当は自前で持ってくる、こまめに電気を消す、不要な出費はしない、などいろいろあるかと思いますが
どれも全て日ごろの行動と心がけひとつでセーブできるものだと思います。
人から見るとケチくさい、と思われるかもしれませんが、人からの印象と家庭のやりくりどっちが大事ですか?という問題だと思います。

貯蓄も、例えば金利が高い銀行に預金を移し変える、確定拠出年金の運用を始める、などこちらもいろいろあるかと思います。
どれも全て自分が知っているか知らないか、とあとは行動するかしないかによるものだと思います。

知り合いのFPの方に言われたのは「節約、貯蓄した結果どういう生活をしたいのか?」というゴールを決めておくことが一番最初にやることだと言われました。
たしかに、ゴールがない節約や貯蓄は、一見するとただの修行のようになりかねません。
なので、毎日コツコツ積み重ねた節約をした結果のお金で、1ヶ月に1度豪華な食事に行く、とか1年に1度旅行に行く、などの楽しみがあると
毎日のコツコツもモチベーションを維持できてやりやすくなるのだと思います。”

年齢相応に過ごすことも節約です

一番の節約は、その人の年代に合った楽しみ方を見つけることです。若作りも節約にはならないし、年より老けすぎているのも高くつきます。年齢相応がいいのです。

子供だって、学校に行っているときには、がっつりと勉強するのがいいのです。ここでしないと、おおきなむだづかいにまります。何かやろうと思うと、学習が大切だし、そのれに必要な基礎が学校で学べるのです。そこを押さえておかないと、後で、また、勉強しないといけなくなります。本も買わないといけなしい、時間もかかるし、部屋もいる。親も大変です。子供の手が離れないのです。

そこを、年齢通りに抑えて置いたら、後でやることも少なくなり、空いた時間に、ほかのスキルも、学べるのです。学習していると、どうしても、家族の協力もいりますから、サポートのお金もかかるのです。自立も遅くなるのです。

ここが一番、大きな節約になるのではないでしょうか。子供に払う費用です。毎年、200万円からの費用がいるのです。それがなくなるだけで、相当にうれしいし、助かります。昭和のように、大学を出て、就職するという時代ではなく、大学院に行くお子さんが多すぎるのです。こちらも、何とかしたいですね。

都会に住んだ方が交通費の節約にはなります

“意外に節約になるのが、町に住むことです。
町に住むと、ある程度のものがあるので、交通費がかからずに、出かけけることができるのです。

ただ、駐車場の問題は大きいです。
駐車場は、都市部ではだいぶ安くなっていますが、数千円は必要です。
車で出かけないことも必要かもしれません。
ただし、車で行って、時間が少ないのは、それこそ、最大の節約です。

公共の交通機関だと、プラス2時間もかかったりすることも多いくらいです。
それならば、でんしゃよりも駐車料金の方がずっとお安いのです。
車離れで、若者が車に乗らなくなったせいかもしれません。

また、大学生になり、一人暮らしをさせないことも節約には大きいです。
家の近くの大学に行けるとベストです、それは私立大学でもです。
安心と、親も子供を手伝わせることができるのです。
遠くで過ごす時間が埋まります。

こうなると、子供の動き次第で、大きな節約ができるのか、できないのかがきまるので、
子供に勉強させるのが、確実な節約になることでしょう。
そこがうまくいくといいです。
また、子供のお友達も似た友達が集まると、子供も、お金を大事なものとして使うことを覚えますから、子供の友達も大切です。
必要なものに使うという教育のある人です。”

節約と貯蓄の心持ちの違いについて

一見、節約と貯蓄は連携プレーのような感覚があります。節約すれば貯蓄できているというふうに。でも一概にそうとも言えない気がしています。何か目標をもって節約すれば貯蓄につながっていくと思いますが、何となく節約しているだけだと目に見えての貯蓄にはならないと思います。

貯蓄するならもう一気というか収入から??¥天引きして目標に向かって貯蓄していくという強い心持ちが大切と思います。貯蓄のためにちまちま節約していてもダメな気がします。節約は精神につながると思います。信条というか・・・。常に節約の心を持つという感覚です。

ありきたりですが水を大切にに使うとか、使っていない部屋の電気は消すとか。ここで私の節約術をあげますと何でもかんでもテッシュペーパーをポンポン使うのではなく、古布などを小さく切って可愛い箱などにいれて用途に応じて使い分けたり、掃除のときのフロアー用掃除ワイパーなどのシートにしても新しいときは手の届かない壁板などを軽く拭いておいてそれから床に使います。

片面が汚れたらその上にテッシュペーパーをのせてワイパーにつけて裏面をもう一度使ってから捨てます。さらにウエットシートも使わず古布を適当な大きさに切っておいてそれを水で濡らして固く絞りワイパーにつけて使用しあとは使い捨てます。それと、花壇の水やりですが雨水をためるようにしています。

ただ外にバケツを置いているだけですが。しゃくでお花に水をあげています。結構雨水はたまっていて猫の額ほどの花壇はいつも潤っています。後、究極はお買い物の時にできる小銭ですが気に入った箱や空き缶をとっておいてそこへ入れるようにしています。

いつそこへ小銭を入れるかというと、財布の中が重たく感じた時です。少しずつしか貯まりませんが意外と貯まっている時もあってそんなときはちょっぴりうれしい気持ちになります。

節約は信条で貯蓄は心意気だと思っています。さらに節約はできれば楽しみながら、そして貯蓄はちょっと心を鬼にして頑張るといいのではと思っています。

私が考える節約と貯蓄?これからを考えて?

私が考える節約や貯蓄とはどのようなものかを書いていきます。

まず、節約や貯蓄は何のためにするのか・・・ずばり、自分がこれからやりたいことに備えたり、環境保全だったり物を大切にしていくため、それから老後に備えるためだといえます。

ちなみに自分はフリーランスな身なので定年は無いが、もし身体的に限界が来て働けなくなったら・・・と考えてみると、通常の定年よりも早いかもしれないし遅いかもしれない。

そう考えてみると、なるべく早めに備えておくべきですね。

まず、節約のことからお話します。

個人的には、何でもかんでも節約というのはあまり好みません。

が、電気や水などの無駄遣いは環境問題に悪影響を及ぼすし、消耗品をあまり使いすぎるとゴミが大量に発生するので、空気汚染に繋がってしまう。

なので、電気の付けっ放しをしない、エアコンを2つ同時に使わない、水道やガスは使ったら消すなどそういった最低限なことは守るように心がけています。

そういう些細な心がけによって空気を良くしていき、尚且つ光熱費や諸経費が減り、その減った分が貯蓄に回せるのです。

さて、冒頭にて老後の蓄えについて触れました。近年は年金を払っても支払われないと騒がれており、しかもフリーランスにとってはそれは大変不安なことです。ましてや定年が早くなるかもしれない。

なので、自分が稼働出来るうちはなるべく貯蓄をしていくべきです。

今出来ることは、些細な節約を心がけていきながら、節約する分をなるべく貯蓄に回して、少しでもこれからの未来を明るく考えていきたいです。