サラリーマンのコツコツ節約術の紹介

サラリーマンのお小遣いは雀の涙という言葉があると思いますが、そんなサラリーマンでも少しだけ心掛けることでお金がたまる節約方法を紹介します。

① 水筒(マイボトル)を持ちませんか?

通勤中や会社で自動販売機で何気なくコーヒーやペットボトルのお茶を買う行為を少しでも減らせればお金は貯まると思います。

そこで、マイボトルに自宅からコーヒーやお茶を入れて通勤します。

最近は水筒も軽量化が進んでおり昔のように重たく荷物の負担にはならないと思います。

マイボトルに飲み物を入れておけば、午前中は自動販売機にいく必要はないと思います。

また、会社でインスタントのコーヒーやティーパックを準備しておけば、お湯は無料だと思いますので、自動販売機の缶やペットボトルよりは安くなると思います。

インスタントのコーヒーをスーパーやドラッグストアーの安売り時に初期投資の感覚でまとめて購入しておけば、マイボトルを使用することでコスパは良いと思います。

② 昼の弁当持参

奥さまの協力が必要かと思いますが、弁当持参も節約にはもってこいです。

首都圏でランチとなると1000円台は当たり前ですね。

それであれば、奥さまにお願いして、昨晩の夕飯の残り物を弁当に詰め込んでもらうということは、お互いにもメリットがあると思います。

奥さまにとっても残り物の処分にも困っているわけですから。

また、夕飯の摂取量を減らして、翌日の弁当へ確保するということで、夕飯時のカロリーを押さえることで肥満体型を防ぐこともできると思います。

以上、節約術を紹介しましたが、要は自分の気持ちでカバーする面もありますので、コツコツとやってみるのが良いと思います。