子育てと同時に始めた私の節約方法です。

出産前から、自分ではかなり節約できていると思って自信を持っていましたが、産後、子連れでは出来ないことが多く、お金がかかるのはやむを得ないという場面が多くなり、焦るようになりました。これからお金がかかっていくのにこれでは全然だめだと思い、できることからコツコツと節約していこうと思い、やってみて良かったものをのせてみようと思います。

まずは、固定費の見直しです。

固定費と言っても、削れるものと削れないものがあります。

それぞれの家庭で削れるかどうかは違うので、じっくり考えて選択することになると思います。

①自動車保険

運転に気を遣う事に決めて、ネットの自動車保険(補償内容は同じものに変更)を年払い(25000円位)にしました。

以前は月6000円支払っていましたが、事故経験は0、ゴールド免許です。

②生命保険

健康管理、規則正しい生活、ストレスに気を付けることに決めて、県民共済に変更、月3000円にしました。

以前は月5000円支払っていましたが、利用したのは2回のみ、入院時の補償金額は県民共済と同じでした。

③格安スマホに変更

大手携帯会社のものを当然と思って使っていましたが、私の使い方だと、格安スマホなら使いすぎても月3000円以内です、

以前は10000円前後支払っていました。

④趣味と実用を兼ねる。

手芸が好きなので、靴下や下着は自分で作っています。安売りのかわいい布地を選んだり、毛糸はこだわって高いものを使ったり、楽しい時間を過ごせてストレス解消にもなるので、買い物でストレス解消することがなくなり、結果全体の出費は減っています。あれ買わないと!というストレスからも解放されて満足です。

⑤スキンケアをやめる。

以前は年齢が高くなれば高いものと思って、4000円のクリームを購入していましたが、うわさを聞いてニベア(白チューブ)を使ってみたところ、美白効果もあり、肌もきれいになって効果が得られました。ドラッグストアで200円以下で買えるので大きな節約になりました。

⑥支払いは、損しないものは全てカードの一括払い。

私はイオン系列のお店をよく利用するのでワオンのクレジットカードで支払いをしています。勝手にポイントがたまっていくので意識してポイントカードをたくさん持つ必要はないし、気軽で大雑把な自分の性格に合っていました。お金の出し入れをしない分、一日いくら、と決めておけば余計なことを考えなくても自動的に節約になります。

⑦図書館を利用する。

近くの市立図書館で雑誌を読んだり、趣味や読書用の本を借りています。最近は新書も早く入るので物足りなさはないです。雑誌はあれこれ悩んで買って満足しない事が多かったですが、図書館にあるものからの情報でよし、と割り切ると悩みも散財も減ります。

今はこれくらいですが、これからもいろいろな方法を試してみて、少しずつ出費を減らしたいと思います。

こらからは公共サービスなど、子供と格安で遊べるイベントを調べていこうと思っています。