お金が貯められない人がやってしまいがちな事を知る

節約したいけどうまくできないという人には特徴があり、基本的に月にどれだけ出費しているか、なにに浪費しているのかというのを把握できていない事が大きな原因となっています。

収支をしっかり把握して、どこを節約できるのかを明確にする事で、節約と貯蓄ができるようになります。

まずは1ヶ月、収入が入った時にいくら入ったか、そこからなにに割り当てたかをメモする事です。もちろん細かくなくても良いので、買い物したレシートを見ながらおおざっぱにジャンル分けをしてメモしていきます。必要不可欠な出費もありますが、それは別でメモします。生活に必要不可欠な出費とはライフラインの使用料やガソリン代、ローンなど毎月必ず必要とされる費用です。

1ヶ月のメモを取ると、浪費している項目がわかりますので、翌月はそこに重点をおいて控えめにする事を心がける事です。

また、収入の通帳と出費の通帳、貯めるだけの通帳は分けておく事もポイントです。出費は出費として分けておくと年間の支出額のシミュレーションもたてやすく、貯めるだけのものは手をつける事なく貯めるだけのものなので、コツコツ貯まっていきます。収入だけのものは給料振込が今はほとんどなので、そこから必要経費として毎月いくら引き出しているのかも明確になります。できれば毎月全額おろすのではなく、千円でも残して引き出す事もおすすめです。チリも積もれば山となるので、やがては大金に繋がります。

3ヶ月目は、毎月を週にわけて、封筒に割り当てる事です。1週間に使える費用は封筒の中のお金のみとし、翌週は次の封筒のお金を使うという流れになります。つまり封筒は5つ用意される事になりますが、毎週甘ったる部分は繰り越しではなく貯金箱へ入れます。こうする事で、週で使える費用を考えるようになり、無駄遣いもしづらくなり、尚且つ少しずつ貯める事もできます。

毎日の積み重ねがやがて大きな差を生む

“節約も貯蓄も、いきなりドドーンとお金が貯まるものというよりも
どちらかというとコツコツ積み重ねていく、という感じだと思います。

節約をするのであれば、無理のない範囲で他店よりも安いお店で買い物をする、昼飯のお弁当は自前で持ってくる、こまめに電気を消す、不要な出費はしない、などいろいろあるかと思いますが
どれも全て日ごろの行動と心がけひとつでセーブできるものだと思います。
人から見るとケチくさい、と思われるかもしれませんが、人からの印象と家庭のやりくりどっちが大事ですか?という問題だと思います。

貯蓄も、例えば金利が高い銀行に預金を移し変える、確定拠出年金の運用を始める、などこちらもいろいろあるかと思います。
どれも全て自分が知っているか知らないか、とあとは行動するかしないかによるものだと思います。

知り合いのFPの方に言われたのは「節約、貯蓄した結果どういう生活をしたいのか?」というゴールを決めておくことが一番最初にやることだと言われました。
たしかに、ゴールがない節約や貯蓄は、一見するとただの修行のようになりかねません。
なので、毎日コツコツ積み重ねた節約をした結果のお金で、1ヶ月に1度豪華な食事に行く、とか1年に1度旅行に行く、などの楽しみがあると
毎日のコツコツもモチベーションを維持できてやりやすくなるのだと思います。”

貯めたお金の運用について

毎月のお給料から少しずづ貯めたお金や、日々の節約で頑張って貯めたお金。普通預金にそのままにしているという方ってけっこういるのではないのでしょうか?

私自身もせっせと普通預金にお金を貯めて増えていく残高を見て満足していたのですが…ある日銀行の窓口へ行ったときのこと、窓口の人から「普通預金の口座にそのまま入れておくのはもったいないですよ。」と言われて目から鱗が落ちました。

それまで私は、貯めたお金は使うときがきたら使おうと思っているだけで、使う時期が来るまでどうしておこうなんて考えたこともありませんでした。定期預金に入れても普通預金の利息とそんなに変わりはしないし、株や投資信託などで資産運用をしようという思い切った行動もとれないし、普通預金で使う日が来るまでひたすら貯め続ければいいと思っていたのです。

窓口の人に勧められたのは保険への加入でした。元本保証型の保険に入ると5年後10年後には元本より多い金額のお金が戻ってくるというものです。その保険は生命保険だったり年金保険だったりするのですが、保険に入って自分の貯蓄額を増やすだなんて発想が無かった私にはとっても衝撃的でした。

私が無知すぎるというのもありますが…。今の時代普通預金に対する利率は0.02%前後、保険に入ると0.6%の利率も可能だと聞きました。貯めたお金を保険に加入して運用するというのも一つの方法だと思います。