私のちょっとした節約方法

一度は聞いたことがある500円玉貯金ですが、私の場合は貯金箱に貯金するのではない方法で貯金をします。

その方法は、長財布に小銭を入れる場所を2箇所用意して、500円玉が入ってきたら、500円玉専用の場所に入れるのです。そしてそこは入れるだけで決して出さないという法則を決めて、お釣りで500円がきたら入れるだけなのです。この法則を崩さずに普通に生活をしていると、1ヶ月5,000円は貯金できます。年間に換算すると60,000円にもなります。

ポイントは知らず知らずに溜まっていくという点です。

普通に生活をしていて溜まるのですから、浪費グセのある人でも簡単に貯金ができます。

そして、取り出すことのできない缶に淡々と入れていきます。缶がいっぱいになったら銀行へ貯金しに行きます。

なかなか貯めることが苦手な人もこの方法なら、簡単に貯めることができます。

チリも積もれば山となるです。

そしてもう一つ私が行っている貯める工夫は、家電を使って家事をした時に、いったい外に出すとどれだけかかるかを調べて、外に出したつもり貯金をします。

例えば、クリーニングにワイシャツを出したとします。すると200円カケル5日で、1,0000円かかります。ただ家で洗うと1,000円節約できるのです。なので1ヶ月で4,000円の節約ということで、家計費から4,000円を貯金するようにしています。

小銭貯金、チリも積もれば山となる

新卒一人暮らしのOLだった私。生活は決して裕福なものではなく最初はカツカツでした。家賃光熱費で手取り額のほとんどが旅立って行く日々、貯金なんて夢のまた夢でした。しかしそんな生活から2ヶ月、何かあったときに死んでしまう!と危機感を覚えて始めたのが小銭貯金でした。

やる事は簡単、お財布の中にはお札しか入れないで生活します。お財布に小銭がないならちょっと喉が渇いたな、くらいでお札を崩してまでジュースを買おうとは思いません。100円のものを買うのに1000円札を崩すのがどうももったいなく感じるのです。

けれど買い物をせずに食べて行けるわけもなく、食料品などを買ったときに出た小銭は帰宅後すぐに貯金箱(私は御中元にいただいた海苔の空き缶でした)に全て入れてしまいます。そうするとお財布の中にはまたお札しか残りません。

お釣り全てを貯金しているのですから当然お札の減りは早くなります。それでいいのです。あとこれだけしかない、無駄遣いはできない、と常に危機感と緊張感を持ってお財布の紐を締めることができます。お財布に1000円札1枚あるのと、1000円札と100円玉5枚あるのとでは気持ち的な余裕が違ってきますよね。

500円分の出費を抑えることができます。小銭貯金を始めて約1年、小銭が入った海苔缶は3つになりました。空きの海苔の缶がなくなったところで銀行へ行き小銭をすべて家や職場から遠くにある銀行へ入れに行きました。簡単におろせない遠くの銀行を選ぶのもポイントです。

1年で6万円貯まっていました。あの感動は忘れられません。あれから2ヶ月、遠くの銀行へ足を運ぶのが億劫で手をつけていません。たかが小銭、されど小銭です。お財布も軽くなりますし手軽で無理なく続けられる小銭貯金を是非お試しください。

節約をして貯蓄を増やしていく方法

現代社会において将来に対する不安を拭う事は難しいです。年金をいつになったら貰えるのか、はたまた貰うこと自体可能なのかと頭を悩ませる方が多いはずです。その様に悩んでいる方は将来に向けて少しでも貯蓄を増やし安心を手にしたいと思いますので、節約の方法を書きたいと思います。

大雑把に言ってしまえば最初に一番節約出来るポイントとしては、家賃です。少しでも駅に近い方がいい、職場に近い方がいい、築年数の浅い建物の方がいい、設備が整ってる方がいいなど要求はたくさんあると思います。ただ全てを叶えようとすると家賃が非常に高くなってしまいます。

なので先ずはどこか一点でも良いので妥協をした物件を探す事をお勧めします。月々の家賃が減るだけでも年で見ると数万円の節約が出来ます。それを何年も重ねれば大きな額になるのは言わずもがなかと思います。その他で節約出来る点は光熱費です。

無駄に電気、ガス、水道を使わない様意識するだけでもだいぶ変わります。金額的には何千円も変わるわけではないですが、使用しない間はコンセントを抜くだとか、水を出しっぱなしにしないだとか、いくらでもら削る事は可能です。もちろんエアコンの使用頻度を減らしたり、設定温度を少し変えるだけでも違いますので是非試してください。

家庭でできる!?節約方法3例!

家庭でできる、水道代・電気代を浮かせる方法を記載いたします。

①トイレの流す回数を減らす

これは綺麗好きな方は気になると思うのですが、

用を足した後、小であればすぐに長さず後に再度用を足した際にまとめて流す、というものです。

汚い話にはなりますが、実は結構これだけでも水道代が浮いたりするんです!

②エアコンはつけたり切ったりせず、思いっきりつけっぱなしで!

夏はクーラー、冬は暖房が必須のエアコン…

節約の為、大丈夫だと思ったら消す、暑かったり寒かったりしたらまたつける…というやり方をしている方がいるとは思いますが、

実はエアコンはつけている時間ではなく、つける/消すをする瞬間が一番パワーを使うのです。

それよりも、一定温度(出来ればガンガンにせずに程よく我慢できる程度)でつけたままにした方が、省電力になり、その分電気代も安いのです。

③冷蔵庫の中身の量は程々に!

冷蔵庫に何がどのくらい入っていますか?

入れっぱなしで賞味期限が切れ…なんて人もいるかもしれませんがこれは冷蔵庫のパワーを消費するのでもったいないです!

冷蔵庫の中身を少なくし、更に設定温度を少し高くすれば、省電力になりますよ!常に冷蔵庫の中身は把握できるぐらいにし、整理整頓しましょう!

…でも、開け閉めを頻繁にするとこれも電力を使うので、要注意です!

一般的に言われていることかもしれませんが、これらが家庭でできる節約方法の例です。

是非少しずつ実践してみましょう!

冬の電気代をしっかり節約!部屋より人を暖めてみよう

冬場、家にいるときは人のいる場所だけを暖めるようにしています。エアコンなどで部屋全体を暖めるようなことは一切していません。

寒い時期に使用している電化製品は遠赤外線ストーブとこたつだけです。外出先から帰ってきて冷え切っている場合はまず遠赤外線ストーブをつけてしばらく体を温めます。

部屋の空気を暖める必要はないので、最も低いワット数で使用すれば大丈夫です。意外と早く体の芯からぽかぽかしてくるのがわかります。

別の場所に移動しても問題ないくらい温まったらスイッチをOFF。寝るまでの間はこたつに入って下半身だけ温めて過ごします。

こたつも布団の下に使わなくなった毛布をかけるなど二重にし暖かな空気が逃げないよう工夫すれば温度は弱で十分です。

以前はエアコンとこたつを併用していましたが、エアコンで部屋ごと暖めてしまうとどうしても部屋が乾燥し、加湿器や空気清浄機まで使わなければなりませんでした。

エアコンを利用していたときと比較すると寒い時期の電気代が4割近く安くなっています。

もちろん、電気代の契約内容や暖房器具を使用する時間等でどのくらい節約できるかは変わってくるでしょう。

昔ながらの隙間風が入ってくる住宅に比べると最近の家は気密性が高く冬でも部屋の温度は下がりにくいと思われます。

節約にもエコにもつながるので、極端に寒い地域以外ならできる方法ではないでしょうか?

流動費の見直しをするならこれが効果的

節約といえば、住居費や保険料などの固定費を減らすこと、食費や日用品、衣服代などの流動費を減らすことを考えると思います。固定費は見直すのは大変ですが、一度見直せば何もしなくても支出を減らすことができるので見直す価値はあると思います。

固定費を減らしても、まだ支出を減らさなければいけないときは、流動費も見直さなければいけません。我が家では食費はあまり節約していません。外食は月に一回くらいにしてなるべく家で食べるようにはしていますが。食費を極端に減らしてしまうと、栄養が足りなくて病気になってしまう可能性もありますし、食事は家族が満足するものを食べてもらうことで、仕事や学校に行くのを頑張れると思うからです。

我が家が流動費で節約をしているのは衣服費です。我が家は子供が二人いますが、服は最低限の数しか持っていません。子供は服はいくらでもあっていいと言いますが、そんなことはないと思います。保育園に通わせていて必要なら仕方ありませんが、毎日洗濯すればよいのですから数はいらないと思います。

おさがりはほとんどせずに、シーズン始めに購入して、着倒して処分しています。余計な服を買わないだけで節約になります。流動費の節約を検討しているなら、衣服費の見直しが効果大だと思います。

低収入が貯金するためには食事を節約することです。

わたしは30歳になる女性です。わたしは保育士として10年以上働いてきていますが、保育士は叫んでも騒がれているように、とても給料が安いです。同じ保育園に10年働いてきてもわたしの手取りは14万円をきります。

ほんとうに子どもの命をお預かりする責任のある仕事で、また保護者や保育士同士のすごく面倒くさい人間関係、それに加え、毎日の残業に持ち帰りの仕事。もちろんサービス残業です。そんなわたしが少しでも自分のご褒美を買うために節約をしているのが、食事です。節約できるところは、食事しかないと思いました。毎月の給料を小袋にわけ、それ以上は絶対にはみ出さないようにすることです。

貯金もしたいので、必ずそれだけは守っています。食事はいかに安く済ませるか…でも一人暮らしなので、買いだめせず、そのは、安いものを買うようにして、食事を作るようにしています。

メニューを決めてから買い物だと、高い食材でも買わなければならなくなりますが、スーパーに行って、安い食材を見てからメニューを決めることで、とても節約になっています。こうやってわたしは地道に節約をし、1000円でも、2000円でもいいから、貯金に回すようにしています。

貯蓄用口座を使えば必ずお金は貯まる

 いつも給料日前に金欠に悩んでいたり、貯金がなかなか出来なくて困っていたりしませんか。それは、もしかしたらお金の管理を1つの銀行口座に絞っていることが原因かもしれません。そこで、普段使っている口座とは別に「貯蓄用口座」を作ることをおススメします。

 私は口座にお金があるとついつい必要のない物まで買ってしまい、給料日前に通帳を見れば残高0円に近い日が何年も続いていました。しかしあるときから、生活費口座とは別に貯蓄用口座を作り、そこに毎月5万円を入金していたら、1年で60万円貯めることができました。このように、決められた金額を決められた口座に入れるだけで簡単に貯蓄することが可能です。ただし、無理して大金を貯金しようと思っても途中で苦しくなって辞めてしまっては意味がありませんから、給料の3割程度を貯金に当てるとよいでしょう。

 それともう1つおススメなのは、金利のいい「ネット銀行」を活用することです。大手銀行の普通預金の金利が0.02%に対し、ネット銀行の普通預金の金利では0.1%を超えるものもあります。その差にしてなんと約10倍です。イオン銀行や、楽天銀行あたりが金利がよくおススメです。

 ネット銀行を貯蓄用口座にして、上手にお金を貯めましょう。

苦手だった節約が楽しくなるとき

私は今まで節約とはほど遠い人生を歩んできました。

欲しい物は購入し、旅行に行きたい時は旅行に出るという

浪費癖がついていたのかもしれません。

そんな私が節約を決意したのは、彼氏との結婚が決まったからです。

彼との結婚は夢であり、自分のしたい結婚式をしたいとずっと考えていました。

そのために節約することは難しくないと思っていたのです。

しかし節約をしたことがない私はその方法すら分かりませんでした。

手始めに始めたのは、給料日前にお金を降ろしたら、

次の給料日まではお金を降ろさないということでした。

食費代・雑費代とあらかじめお金を分けることによって、

自分がどのくらいお金を遣っているのかも把握することができ、

自分の家計で節約すべき点などを見直すことができました。

それが慣れてきたら、食費を見直しました。

いつもはコンビニ食が多かったのですが、

お休みの日にまとめて作り置きをするようになりました。

健康的であり、とても経済的でした。

まとめてつくることによって、ごはんを作る時にかかる

光熱費も浮くので、とても節約ができたと思います。

こつこつと自分のできる範囲の節約を続けることで、

ストレスもなく、目標金額にあと少しで達成します。

お金を貯めることもだんだん楽しくなってきました。

これからも続けていこうと思います。

食費は決めた金額をオーバーしないように徹底。

お金って使うのは本当に簡単でとっても楽しい。

そのおかげで欲望のままに使っていたらあっという間にすぐ無くなってしまいますよね。

それに比べて貯蓄を増やすには日々の努力が欠かせません。

小さな節約の積み重ねが大切なんだろうけど、私の場合はコツコツとするのが実は残念ながらそんなに得意なタイプではありません。

でも、そんな私でも実践している節約を紹介します。

まず、家計の中で一番出費がかさむのが食費ではないでしょうか。

自転車や車など、便利な移動手段を持っていれば1円でも安いスーパーを駆けずり回るのも一つの手段かもしれません。

しかし私の暮らしているエリアはスーパーの数はかなりの少数。

さらに幼児を育児中で、移動は徒歩のみ。

…となると複数のスーパーを選り好みは出来ません。

そんな私は基本、1日のスーパーでの買い物代は幾らまで。と決めています。

数日分まとめて買い物する時は当然1日分×日数になります。

その為サイフの中にはその金額までを入れて行きます。

ほとんどの場合はメニューを最初から考えないで、スーパーに到着して、その日の安い野菜や主食をメインで購入しながら献立を考えます。

冷蔵庫に入っているものから使って料理をするようにし、予備の食材はなるべく増やさないようにします。

大根の葉っぱなども一品となるので捨てないで使ったりします。

とにかく金額をオーバーしないで徹底し、浮いたお金が出来れば、ご褒美や貯金にまわせます。

それが出来た時の喜びで、また頑張れています。