今一度、身の回りの出費をみつめなおす。

大学も人並みに卒業し、いざ社会へ。学生時代にはまっていたギター演奏を捨て切れず自由業にジャンル分けされるのでしょうか音楽界で仕事をすることになりました。それから数十年、時代的にバブルの勢いにも押され人並みの生活を送って来ることができました。

しかし社会の変化は早くそして予測のつかぬもの。ご存知のとおりレコードなどは殆ど姿を消し、CDもネットによる音楽配信に押されあやうい状況です。当然、我が家の収入も激減し生活レベルを保つには余儀なく貯金の切り崩しに踏み切ることとなりました。が、これもいつまでも続けるわけにはいきません。収入が支出を上回るように…生活費の削減を実行する決心をしました。

まずは車。駐車場代、保険、税金その他諸経費、月に四万円以上の節約になります。仕事で必要なときもありますが月1,2度の使用であれば格安レンタカーで済ませた方が断然お得です。次に生命保険の解除。年齢に応じて契約金もびっくりするほど高額になります。

切りの良い時に解除。これで月に2万円以上の節約。もちろん何かあった時、他人に迷惑をかけないための資金はストックしておきます。3番目に通信費。便利になったとは思いますが平均的通信費の額は納得できません。これも切りの良いところで契約変更。

パソコンは光から格安ADSL、携帯は気になるスマホの存在ですが我慢してガラ携のままで。これで月額約6千円の節約。特に若い人たちに聞いてもらいたいのですが、最近、支出で通信費の占める割合は高すぎます。これで月額7万円ちょっとの引き締め。なんとか収=支出にこぎつけました。もちろん光熱費などの節約も心がけています。

 
あらためて身の回りの出費をみつめていらないものは省いていく、これが健全な(?)節約だと思います。

毎日買い物で節約する方法

節約特集によく出てくる言葉に「まとめ買い」ってよく出てくると思いませんか?

主婦の方などは毎日のお買い物をまとめて買うことでスーパーへ行く回数を減らしたほうがいいですよって事なんです。これの何がいいのかというとスーパーに行けば誘惑に負けてしまう可能性があるということなんです。買う予定はなかったのに「安かったから」「おいしそうだから」と無駄遣いしてしまった経験はないですか?

例えば1週間分まど、まとめて買う事でそういう「行けばつい余計な物を買ってしまう」という危険から回避できるという訳なんです。

でも車がない、1週間分の献立とか考えるの無理!って人も多いと思うんです。そのような人はもういっそ毎日行く事にしたらいいと思います。

毎日いくメリットですが、たとえばレジ袋をもらわなければポイントがもらえたり、スタンプを押してもらえ貯まれば金券に換えてくれるというサービスはないですか?これらは購入金額ではなく行った回数が大事なのです。

他にはスーパー独自の無料のミネラルウォーターのサービス。最初に専用のボトルを買えば毎日決まった量のお水がもらえますよね、これらは水道代の節約として利用出来ますね。

あとは何より買った食材を腐らす事がなくなるという点だと思います。

どちらがいいかは自分の性格や環境で決めてみてはどうでしょうか?

私の食費節約術を紹介したいと思います

今日は主婦の永遠のテーマ「節約」についての記事を書きたいと思います!

節約って、いっけん貧乏みたいなイメージがありますが、私はそんな事はないと思っています!

だって、節約したお金で買えるものがあったり。

節約して貯めたお金で、家族と旅行に行ったり。

夢のための節約って素敵じゃないですか。

そんな私は主婦1年目のまだまだ駆け出しですが、この1年で特に食費の節約に力を入れていきました!

今までは料理も大してしなかったので、はじめはスーパーに行っても何が高くて何がお得なんだかよくわからず買っていましたが、だんだん別のスーパーに行って「こっちの方が安かったじゃん!」「こっちの方が沢山はいってた?!」なんていう事が多く、1円でも安く食材を手に入れたい!という思いから始めました!

まず1つは「面倒でもスーパーをはしごする」

一か所ですべて買い物が済めば楽チンですが、例えば業務スーパーだったら調味料が安いけど野菜の品揃えが少ない…この店は独自ブランドで安く買えるけど、あれは売ってない…なんて事ありますよね。

でもここは散歩がてら、ドライブがてらはしごしちゃいましょ?!10円安かった!が10回続けば100円になります。

次に「野菜は100円以上のものは買わない!」

野菜って1番その日によって価格が変わりやすいですよね。今日はこれ作ろう!と考えて食材を選びに行っても高い!なんて事もしばしば。

私は最初にお店を見にいき、100円未満の野菜を購入!買えた野菜を使って作れるレシピを作るようにしています。どうしても!って時は100円ローソンにいって8円妥協しますが。(笑)

買えた野菜から決める事でレシピの幅も広がりますよ?

ぜひ試して見てください!

ステータス主流の現代・生活の知恵を磨けば縮小で貯蓄スタイル

日常生活は衣食住の各項目はややコンパクト、その中でも高いのがお家賃金額、賃貸に住めばこのジャンルが日常の肝心ポイントです。住まいを探す時のチェック項目としては安い物件がベストですが、この金額と立地条件とか室内の構造も範囲内ですから、ゆとり金額の設定で考えるのが一般認識。

まずまずの物件が見つかったとして考慮すると、セカンドの熟慮は食料品や外食代、家賃も高いけれどこの項目は月ごとの金額幅で増えたり、小幅だったり。年末は通常多いのでこれくらいのものだという感覚ですが、最近はプレ金という働き方もあり、帰宅時間が早いと食事代と酒量がわずかに増えています。飲まない時はビジネス用のシャツを買ったり、デジタル小物を探しては購入、時間が余分にあると使う金額が増えますね。

プレ金のコンセプトが経済活性なので販売店さんにはよいけれど、収入を考えて小幅に縮小できたらいいなと思います。普段の経済思考を小幅にするには思考の時間が必須ですが、時間があれば休日パソコンという感じ、気温が落着いた初秋は見直しタイムを考えています。

ITワークは連日忙しくて金銭感覚を熟慮する暇もないですが、ちゃんと思考すれば節制に便利な安値商品もあります。ステータスが主流の現代は高級品に気が向きますが、知恵を磨くべきだと思うこの頃、キッチンからお風呂アイテムなど、それぞれチェックすれば安くてよい物がある筈。

気温が寒くならない内に生活チェック、プレ金の購入金額と呑み代、ランチ代くらいは縮小で貯蓄ができるでしょう。100均を利用するのもよいし、スーパーとかインターネットの買い物でスキル・アップ、送料が高いので趣味的な買い物は控えようと考えています。

買い回りで食費節約月々15000円

家族3人暮らしです

私の住んでいる場所には4件のスーパーがあり、激戦区です。特に土曜日は土曜朝市というものが開催されており、とてもお買い得です。

新聞は節約の為取っていませんので、ネットで金曜日に4件すべてのチラシをチェックします。そして、これはここ、あれはあそこというように、土曜日は朝九時から4件はしごします。野菜は100円以上のものは買いません。卵は10個98円のものをかいます。調味料も今必要でなくても安いならストック買いしておくので、我が家はストックだらけです。

お米も朝市で5キロ1200円ででているので、そちらで一ヶ月もたせます。

お肉は29日肉の日に、工場直売所にいって、キロ単位で一ヶ月分買います。トリミンチなどはグラム23円、合挽きミンチもグラム100円と、とても安いので、家で小分けして、ジップロックで冷凍保存して使っています。

子供がいるのでウィンナーは必需品ですが、こちらも直売所で一キロは入って600えんなので一気にボイルして、冷凍保存です。

だいたい、週に一回野菜やパン、調味料を2500円計算で週に4回で10000円、米が1200円、残りがお肉代です。

魚は鮭や塩鯖が一切れ(塩鯖は半身)59円なのでそちらを利用しています。

節約は楽しみですし、余ったお金を他にまわせるので、やめられません。

銀行商品と保険商品

以前、地方銀行で定期預金をしたことがありました。それほど金利も高くはなかったので、解約して使ってしまったのですがまとまったお金が必要な時用にまた定期預金を申し込みに行ったんです。その時に、同じ利率で貯蓄預金があると行員さんから紹介されました。半年ごとくらいに変動があるらしいのですが元本が崩れることはないし最悪んお場合でも利子がつかないだけという説明だったので新しい口座と通帳をつくりました。

その後、毎月貯金額に応じて利子がついているのが楽しくて貯蓄する額も増やしました。ところが、数年後毎月ついていたはずの利息がパタッとなくなってしまったんです。そのまま利息がつくことはなくなりました。銀行の窓口にはその旨が説明されており経営が芳しくない様子だったので、違う銀行の商品を探していたんです。そんな時に加入している保険会社からハガキが届いたんです。

それで思い出したのが保険の方が利息がいいという事です。調べると、年利1.06だったので銀行から引き出し保険会社の窓口に行って自分の加入している保険の積立金にしてもらいました。そのまま保障にしてもいいし、使いたい時はキャッシュカードで引き出すことも出来るし保険商品は銀行より優秀な商品を扱ってると思います。

図書館で本や雑誌、映画を楽しむ

休みの日、遊びに行きたいけれど、ショッピングや映画に行くとお金を使ってしまうのが悩み…という方には、無料で利用できる図書館がおすすめです。

夏の暑い時期や冬の寒い時期は、冷暖房費の節約にもなります。私は1日図書館で過ごすと決めた日は、飲み物と軽食を作って行きます。そうすれば、コンビニでつい買ってしまうということも防げて、一日お金を使わない、なんていうことも可能です。

私は市をまたいで4つの図書館を利用していますが、空間が好きなのはここ、勉強するのはここ、Wi-Fiが使えるのはここ、DVDがたくさんあるのはここ、と気分で行く図書館を決めています。ちなみに自宅にWi-Fiがないので、音楽や動画は図書館でダウンロードをして、自宅や外出先で楽しんでいます。

図書館は本だけでなく、最新の雑誌や新聞、CD,DVDまで見たり、借りたりすることができます。私は以前から本が好きで、その都度購入していたのですが、一度しか読まなかったり、場所を占拠してしまうので今では全部図書館で借りています。ベストセラーも予約をすれば借りられます。

ただ、予約の順番がくるのに半年待ちなどはありますので、せっかちな方は難しいかもしれないですね。持つのも楽しみのうち、と考えられるなら、いいサービスだと思います。ぜひ、休日は、図書館で有意義な時間を過ごしてみてください。

週に500円からの積立始めました。

仕事がWEB関連の仕事なので1日中PCに向かっているのでWEB広告もかなり見るのですが、昨日たまたま見た広告にピーンときたので貯蓄を始めました。
具体てきには某ネットバンクのサービスで週ごと、日ごと、月ごとで外貨の積立ができるサービスで、少額から積立できるのとたまたまその銀行の口座を持っていて、サラリーの一部を入金して公共料金の決済につかっていたので、決済金のおつりを少しでも有利な金利で運用して貯蓄できるようにはじめました。

はじめてみると電気だいとか水道代の節約にも気を遣うようになり、特に節水ですが、多少は貯蓄できる金額が増えたとおもいます。
とくによかったのは毎週少額とはいえ一定額が積立金として引き落としされるので、あまり公共料金を使いすぎると積立金に回せるお金がなくなってしまうということでした。

特に節約の目標とか積立の目標とかきめずに始めたんですが、元々ずぼらな私にはこのやり方がむいていたようで、しばらく続けるこよができそうです。
つまり、ある程度の金額は積み立てることができそうです。
資金の使途も決めてないもで完全な余裕資金なのも気軽に放置しておけてよいのかもしれません。
500円という金額も500円玉貯金みたいで良いですね。

毎日の積み重ねがやがて大きな差を生む

“節約も貯蓄も、いきなりドドーンとお金が貯まるものというよりも
どちらかというとコツコツ積み重ねていく、という感じだと思います。

節約をするのであれば、無理のない範囲で他店よりも安いお店で買い物をする、昼飯のお弁当は自前で持ってくる、こまめに電気を消す、不要な出費はしない、などいろいろあるかと思いますが
どれも全て日ごろの行動と心がけひとつでセーブできるものだと思います。
人から見るとケチくさい、と思われるかもしれませんが、人からの印象と家庭のやりくりどっちが大事ですか?という問題だと思います。

貯蓄も、例えば金利が高い銀行に預金を移し変える、確定拠出年金の運用を始める、などこちらもいろいろあるかと思います。
どれも全て自分が知っているか知らないか、とあとは行動するかしないかによるものだと思います。

知り合いのFPの方に言われたのは「節約、貯蓄した結果どういう生活をしたいのか?」というゴールを決めておくことが一番最初にやることだと言われました。
たしかに、ゴールがない節約や貯蓄は、一見するとただの修行のようになりかねません。
なので、毎日コツコツ積み重ねた節約をした結果のお金で、1ヶ月に1度豪華な食事に行く、とか1年に1度旅行に行く、などの楽しみがあると
毎日のコツコツもモチベーションを維持できてやりやすくなるのだと思います。”

年齢相応に過ごすことも節約です

一番の節約は、その人の年代に合った楽しみ方を見つけることです。若作りも節約にはならないし、年より老けすぎているのも高くつきます。年齢相応がいいのです。

子供だって、学校に行っているときには、がっつりと勉強するのがいいのです。ここでしないと、おおきなむだづかいにまります。何かやろうと思うと、学習が大切だし、そのれに必要な基礎が学校で学べるのです。そこを押さえておかないと、後で、また、勉強しないといけなくなります。本も買わないといけなしい、時間もかかるし、部屋もいる。親も大変です。子供の手が離れないのです。

そこを、年齢通りに抑えて置いたら、後でやることも少なくなり、空いた時間に、ほかのスキルも、学べるのです。学習していると、どうしても、家族の協力もいりますから、サポートのお金もかかるのです。自立も遅くなるのです。

ここが一番、大きな節約になるのではないでしょうか。子供に払う費用です。毎年、200万円からの費用がいるのです。それがなくなるだけで、相当にうれしいし、助かります。昭和のように、大学を出て、就職するという時代ではなく、大学院に行くお子さんが多すぎるのです。こちらも、何とかしたいですね。