お金が貯められない人がやってしまいがちな事を知る

節約したいけどうまくできないという人には特徴があり、基本的に月にどれだけ出費しているか、なにに浪費しているのかというのを把握できていない事が大きな原因となっています。

収支をしっかり把握して、どこを節約できるのかを明確にする事で、節約と貯蓄ができるようになります。

まずは1ヶ月、収入が入った時にいくら入ったか、そこからなにに割り当てたかをメモする事です。もちろん細かくなくても良いので、買い物したレシートを見ながらおおざっぱにジャンル分けをしてメモしていきます。必要不可欠な出費もありますが、それは別でメモします。生活に必要不可欠な出費とはライフラインの使用料やガソリン代、ローンなど毎月必ず必要とされる費用です。

1ヶ月のメモを取ると、浪費している項目がわかりますので、翌月はそこに重点をおいて控えめにする事を心がける事です。

また、収入の通帳と出費の通帳、貯めるだけの通帳は分けておく事もポイントです。出費は出費として分けておくと年間の支出額のシミュレーションもたてやすく、貯めるだけのものは手をつける事なく貯めるだけのものなので、コツコツ貯まっていきます。収入だけのものは給料振込が今はほとんどなので、そこから必要経費として毎月いくら引き出しているのかも明確になります。できれば毎月全額おろすのではなく、千円でも残して引き出す事もおすすめです。チリも積もれば山となるので、やがては大金に繋がります。

3ヶ月目は、毎月を週にわけて、封筒に割り当てる事です。1週間に使える費用は封筒の中のお金のみとし、翌週は次の封筒のお金を使うという流れになります。つまり封筒は5つ用意される事になりますが、毎週甘ったる部分は繰り越しではなく貯金箱へ入れます。こうする事で、週で使える費用を考えるようになり、無駄遣いもしづらくなり、尚且つ少しずつ貯める事もできます。