楽天カードなどのクレジットカードにポイントサイト経由で登録し

クレジットカードなどをポイントサイト経由で作っておくとポイントが5,000円分や10,000円分一気にもらえると言うことがありますのでなかなか良い方法だと思います。

ポイントサイトには登録しておくと大したことをしなくてもたくさんのポイントもらえると言う場合がありますしポイントサイト自体に登録しておいた方が将来の為にも良いでしょう。なるべく節約をしていくことで人生をより豊かなものにしていくことができるわけですのでいろいろな節約方法を探しておいた方が良いでしょう。

何をするのでもセット料金でものを買っておいたほうが安い金額で買えると言うことがあります。つまりスーパーなどでラーメンのセットを買うと言うのでもセット料金の方が安いわけです。

また節約のことを詳しく書いているブログなどを参考に見ておくと良いかもしれません。ブログにまで書いていると言う事はブログはとても丁寧に画像つきで事細かに詳しく書いている人たちが大勢いるわけですからブログを見ていくと非常に参考になるようなことを書いている場合があります。

また節約と言うテーマでブログを書いているわけですからとても詳しく書いている場合があります。見ておくと良いでしょう。

節約方法&貯蓄をするには

今回は、私が考える節約方法or貯蓄の方法をみなさんに共有したいと思います。

まず、貯蓄ができない人はどういった人でしょうか?

それは、自分の感情に流されている人です。

お金を使うという行為には少なからず多からず「感情」が動き物を買います。

すぐお金を使う人は自分で感情をコントロールできていないわけです。

私も最初はそうでしたが、最近は自分で感情がコントロールできるようになっています。

どうやったら節約できるのかという本題に入りたいと思いますが、

まず、月あたりどれぐらい支出が出ているのかを計算して紙に書き写しましょう。

この作業をやっていない人がほとんどです。自分の収入がどれぐらい入ってきて

どれぐらい支出として使っているのかをまず、しっかり書き写すことが大事です。

それを行うことで、これぐらい収入が入ってきていて、これぐらい月にかかる費用が固定であって、どれぐらい余裕なお金があるのかをまずしっかり書き出しましょう。

それをしっかり書き終えたら、節約できるところがみえてくるはずです。

例えば「食費」などは一番節約できやすい所です。

いつもコンビニなどで食事を済ませていませんか?

それよりもスーパーなどで食材を買って料理した方が健康的ですし、お金も月でみると

ものすごく節約できていることに気が付くでしょう。

他にも探せばいくらでもでてきます。節約できるところに気が付いたら、次はその癖をつけることが大事です。

例えば、一回のティッシュをとる量をこれまで二回とっていたのを一回に変えるだけで、ものすごくティッシュの減る量が変わります。

そういった普段の生活からいくらでも、節約できるところがみつかるので意識して探してみましょう。

節約して貯蓄を増やすためのアドバイス

節約をして貯金を増やすにはどうすればいいかは、結局とてもシンプルに『お金を使わない』ことだと思います。家計簿をつけても結局は徒労と自己満足で終わりがちでストレスだけがたまって長続きしません。最も節約できる部分は食費ではないかと私は考えます。

まずは、何か所もチラシを見てお店の梯子をしないことだと思います。全て安いというお店はありません。生鮮食品が安くても調味料・生活用品が高いなど一長一短です。ドラッグストアなどでまとめ買いはしますが、日々の食料品はまずは生鮮食品が安い店を選び、たまに生活用品等が必要になった時にも、少々割高でも同じお店で買ってお店の梯子をしないことです。

お店の梯子をするとあれも安いからとか結局要らないものを買ってしまいます。また、買い物をし終わってレジでレシートを貰ったらレジ袋に買った物を入れながら本当に要る物だったか確認します。最後にレシートを再度その場で見直して、再度安く要る物を買うことができたか確認します。家に帰ったら冷蔵庫や収納庫にしまいながら、冷蔵庫や収納庫に今何が入っているか確認します。

ダブっているものはないか、賞味期限が近いものはないか、ストックで今日更に一品何か作れないかなど考えます。また、料理をするときに肉など冷凍できる食材を少しだけ取り分けて冷凍しておくことで後日、少しだけ豪華な料理が作れます。これらをすることで食費はかなり減っていき、無駄な買い物が防げ、貯蓄が増えていくと思います。

節約しても医療費でお金が掛かってしまいます

毎月一生懸命節約しています。それでもなかなかお金が貯まらないのが悩みの種です。

そしてこの節約を大きく阻むものがあります。

それが「医療費」です。

私は子供のころから体が弱く、定期的に通院する必要があります。その病院での1カ月の診察代、薬代は約3000円かかってしまいます。

この冬は風邪を引く回数が多く、トータルで何回病院に行ったのか、もう思い出せません。その都度、2000円~3000円が医療費として掛かっています。このお金は何よりも無駄だな、と思ってしまいます。

もちろん市販の風邪薬を使用することもあります。しかし、結局それだけでは治らずに病院にも行っているため、二重にお金がかかっているような状態です。もう少し体が丈夫であれば、もっと生活にかけるコストを下げることができるのに、と思えてなりません。そのためなるべく抵抗力をあげようと、運動するなど工夫しているのですが、今のところ、それは体調には反映されていないようです。

次の冬こそは、節約のためにも、なんとか風邪やインフルエンザにならないように過ごしたいものです。難しいかもしれませんが、少しでも貯金を増やすために、可能な限り、頑張ろうと思っています。

スーパーの冷凍保存冷凍保存、節約術。

今年の冬は野菜が高い!

毎日の食費もバカにならないですよね。

そこで私なりにスーパーでの節約アイデア、まとめてみました。

1、ポイントカードは必ず作る。

これはもう当たり前ですね。さっとお財布から出せるように準備しておきましょう。

2、生鮮食品は夕方を待とう。

タイムセールを狙いましょう。お得な商品がいっぱいあります。

20%から50%OFFになっている商品で今晩のメニューをいつも考えています。

3、野菜を冷凍しよう。

意外と野菜って冷凍できるってご存知でしたか?

丸ごとは無理でも、一手間加えると冷凍できる野菜があります。

ニラは細かく刻んで。

ブロッコリーは茹でてから。

きのこはほぐして、あとはそのままで。

ほうれん草は生のままで。

ピーマンな中の種を取って、下ゆでしてから冷凍庫へいれましょう。

どの野菜もしっかり水分を取ってから、密封パックに入れて冷凍庫に保存して下さいね。

お肉や魚、そしてお野菜も毎日食べるので、タイムセールや特売日を利用して冷凍保存。

これだけでも食費は節約できます。

余った野菜が冷蔵庫で萎びていくのは勿体無いですよね。

ぜひそれも冷凍保存してみて下さい。

下準備して保存してあるので、意外とご飯の準備の時短になるんですよ。

賢く節約頑張りましょう!

日々の節約生活

お給料が少なく銀行な預けていても増える率が低いため、どうしても節約しないと残していけません。節約の一つ目はお弁当と水筒の持参。フルタイムで働く上で外せないのがお昼ご飯。食べなければいいのでは?とも思うのですが、やはり活力を得るため、リフレッシュするためには美味しいご飯は大切です。

でもコンビニで買っているとご飯の飲み物だけで500円はだいたいしてしまいます。それを月20日間続けると大きな金額となってしまいます。ですので私は休みの日にお弁当の足しになるように冷凍食品を買い、粉末のお茶を買うようにしています。冬場はどうしても冷たいご飯になってしまいますが、電子レンジで温めれば美味しく食べることができます。

もう一つ節約しているのは交通費を少しでも減らす努力です。どうするかというと、一駅分自転車で走り数十円と金額は小さいものの節約をしています。天候や体力的に大変な時はしないこともありますが、これも節約の一歩です。健康やダイエットにももしかした効果的かもしれません。

節約生活を送っているとお金の感覚もシビアになり無駄遣いが減りつつあります。十円を節約することもあるので、使う時はとても考えます。節約生活は普段の生活を見直す機会にもなると思います。

節約するなら食費より保険代

家計の節約は主婦の悩みの種のひとつです。食費を節約するためにスーパーではなるべく安い特売品を買うとか、もやしなどの安い食材でかさ増し料理を作るなどの努力をしてる方もいるかもしれませんね。

慣れてしまった生活のレベルを下げるってのはなかなか難しいし、食費を節約しようとすると多かれ少なかれ我慢を強いられることになります。

でも現状の生活レベルを維持しながら我慢することなく節約できる項目があります。保険代です。

例えば自動車保険なら同じ保障内容でも会社によって何万円もの差があります。

我が家もインターネットで加入できる保険会社に切り替えたことで自動車保険代をかなり節約することができました。

仮に年間5万円安くすることができたとします。食費を年間5万円節約するには毎月4000円以上今より切り詰めなければなりません。食費を今より4000円削るってかなりキツイです。

でも自動車保険代の節約なら安い会社に切り替えるだけで、大好きなお菓子やお酒を我慢したりもやしや豆腐でかさ増しした料理を食べなくてもいいのです。

自動車保険だけでなく、生命保険や医療保険も必要以上な保証をつけていないか、必要ない保険に入っていないか見なおすことで節約になります。

今は無料で保険相談にのってくれるサービスがたくさんありますから上手に活用しましょう。

予算決めをして余計な支出を減らそう

私が実行している節約方法は毎月の予算決めをしてしまうことです。家計簿を毎月つけていると、おおよその1年間の支出が見えてきます。1年間の支出が見えてきたら、費目ごとに予算を決めます。

住宅費・光熱費・食費・レジャー費・教育費・日用品代などそれぞれ目標とする支出額を決めます。支出額合計を算出したら、収入予想額(サラリーマンなら大体固定だと思います)から支出合計を引いた額を貯金目標額に決めます。

たとえば、収入額が夫婦合わせて30万円、支出額が25万円なら貯金予想を5万円と決めます。

これを1年間分月ごとに作成します。医療保険や死亡保険、国民年金を払っているなら年払いを選択しましょう。毎月支出予想の中に保険積立をしておけば年払いも焦ることなく支払できます。

1年間の予算決めをすると、年間予想貯金額が分かります。これを目標に毎月節約していくのです。食費・レジャー費・日用品代・服飾代などは変動するので出来るだけ目標額より抑えるよう努力します。

私はこの予算決めをするになってから、レジャー費や嗜好品代など気にせず使っていた部分を節約することができたので年間貯金額が増えました。

ただ、あまり節約しすぎるとストレスが溜まってしまい散財したくなる欲求が出てきてしまうので、余裕をもって予算決めをすることをお薦めします。

満足感があり節約生活ができる、おでんのつゆが入ったもの

節約の生活をするにも、やはり満足感を得ての節約をしたいものです。

日常生活で、お食事に費やする金額が気になる人も多くいらっしゃいます。

一人暮らしの私は、材料を全部揃えてメニューをつくらない方が、満足感があり節約が出来る場合もあります。

冬のメニューで、特に感じた事はおでんです。

お食事の量も年齢の関係もあり、そんなに多くのカロリーを摂らないでもいいのです。

その為198円位で売っている、だしが多く入ったおでんを購入するのです。

私の節約生活のメニューの一つです。

大根もふたきれ・玉子・こんにゃく・はんぺん・ちくわ・昆布など色々と入っています。

いくらお安いと感じるものでも、美味しくないものでしたら、私は購入しないのです。

出来上がっているおでんは、美味しくもあり使い勝手がいいのです。

大根なども、今年は値段が高めです。

その為にこの様な出来上がっている大根入りおでんを買う事で、節約している自分を感じるのです。

白めのだしの私が買うおでんは、一人暮らしなどの人にはとても人気があると思います。

色は白いけれど、程よい塩分とお味つけなのです。

5人家族の人などの場合は、この様な出来上がったおでんより、具材をそれぞれに購入して作るおでんの方が節約に繋がると思うのです。

最近はこの様にパックに入ったもの等、とてもお味付けがよく上手く一人暮らしの人も節約出来やすいと感じるのです。

買う前に考えること

例えは、プリンやケーキが食べたかったり、可愛いカバンが欲しかったり、スリッパが欲しかったりする時があります。以前は我慢が出来なくて、何も考えずにすぐに購入していました。収入も十分あったし、生活で困っていうこともなかったから、考えて買い物をする必要がありませんでした。お金を使うことは本当に気持ちが良かったです。

でも、今はとても収入が少なくなっているので、以前と全く生活が変わりました。どんなふうになったかというと、買う前に考えるようになりました。心の強い人間ではないので、我慢はとっても苦手です。ストレスが溜まって、爆発してしまうと困ります。だから、欲しいものがあった時は、まず自分で作れないだろうか?と考えるようにしています。

先日も、豆乳とプリンミックスでプリンを作りました。レーズンを入れて少しリッチに。餃子のピーも美味しい小麦粉で作ってみました。後、御ぜんざいも自分で作りました。御ぜんざい、お店で食べると600円。でも、600円あれば大納言小豆が一袋も買えるし、お砂糖も調節出来て、ヘルシーな御ぜんざいが出来ると思うと、なんだかワクワクしてきて、寒さも忘れて小豆も買いに行きました。

こんな生活もいいなと思います。