食材は金曜までの目安で買う

私は食材の買い出しは基本日曜のみと決めています。日曜に安売りするスーパーがあるから、ということもありますが、他の曜日で特売で確実に安いものがないかぎり買い物は日曜しかしません。

夫と子供のお弁当もあるので食材はかなりの量になります。一度に冷蔵庫はパンパンになります。人参、じゃがいもなどの常備野菜は野菜室に、肉、魚は冷凍庫に常にありますが、牛乳や野菜やほかの食材は日曜に大量に買うのです。そこで目安なのが買ったものは金曜までには使い切る量を想定することです。

そして使うときも決して余らせることのないように、確実に使い切るために金曜を目安にどんどん使います。痛みやすいものから先に使いつつ木曜あたりまで在庫と相談してメニューを考えます。残り2日で確実に使い切るように、常備野菜と組み合わせつつ調理します。

肉は小分け冷凍しますが、お弁当もあるのでどんどん減っていきます。今までは安いからと多めにただなんとなく買っていた食材も、土曜までもつかな?くらいで買うことで無駄もないし常備野菜も消化し入れ替えできるので一石二鳥です。ちょっと控えめに買い物をするという意識が、微々たるものですが以前より食費が減っていきました。

余分なお金を減らしていきたいと思います。

最近、久々に貯金通帳を見ました。中身の数字を増やしていきたいと思いました。

どうやって、貯金を殖やしていくかということになりますと、無駄な出費のカット、収入の増加だと思います。

貯蓄高を増やすことで、何かしたいことがあるか、改めて考えてみたとき、普段はつつましくても、いざというときにお金を用意できるようにしたいと思いました。

合わせて、個人として、家族として、無駄な出費をカットできるか、考えてみました。

個人的な無駄遣いのカットは、仕事にまつわる無駄遣いのカットです。

だらだらと仕事部屋にいない(電気代のカットにつながります)、文房具の無駄遣いを控える(ノートの無駄遣いをやめる、ボールペン類を買わずに芯を買う)ということを考えました。

個人的には、食べるお菓子の量を少なくすること、病気にならないよう普段から心がけることです。

食べるお菓子を少なくすることで、ダイエットにつながります。そして、大きいサイズの服を買わずに済みます。大きいサイズの服は、少しお高めなので、身体が大きくならないようにしたいところです。

ストレスレベルが高まると、過食につながります。過食すれば、食べ物代ということでお金もかかりますし、病院へ行く可能性が高まります。

過食するとお金にも身体にも良いことがありませんので、日常の楽しみでできるストレス解消を用意しておくことは必要かと思います。

あと、普段から病院とご縁ができてしまわないように、手洗い・うがい・マスクをしておくことです。勤め人だった頃、これらを励行したことで、病院へ行く回数が減りました。

まだまだ、無駄な出費を抑えることはできるように思われます。大事な時のために、普段はお金を使わないようにしたいと考えています。

格安スマホの制限無しプランでデザリング。通信費の大幅カット

出先でパソコンを触りたい時があると思います。

Wifiを使うなら、それが使えるカフェなどに行くと想定すると思います。

最低でもドリンク代がかかります。

確かに仕事もはかどりますが、毎日の出費となると大きいです。

ポケットWifiの契約ならいつでも公園でも使えるので便利です。ただ、通信費として毎月4000円以上は固定でかかります。

スマホ代と合わせると結構な金額になります。

そこで利用したいのが、デザリングというスマホの機能です。

スマホの通信を隣近所の通信機器に貸すというイメージです。この時、スマホの通信の限度がある程度決まっているとかなり消耗してしまうリスクはあります。

次にスマホを使う時、かなり遅くなってしまうのです。

スマホの契約を格安スマホとし、プランを上限のないものにします。

そうすれば、使い過ぎを考えずに使用する事が出来ます。

問題としては動画などの要領がおおきいものの読み込みはかなり遅くなります。それを許容出来るならば、毎月1400円程度の通信費で外出先で上限気にせずデザリングをしてパソコンが使えます。

これならスマホ本体とパソコンだけで荷物もかさばらず、カフェだけでなく、車の中でも仕事が出来るのです。

格安スマホにするだけでも大きな節約になりますが、デザリングによって更に生活の質は上がるでしょう。

ソーシャルレンディング投資による貯蓄とお買い物

最近、注目されているソーシャルレンディング投資を通じて得た配当を元にお買い物をするようにしています。

貯蓄としてまず働いて得た収入を元にいくら貯蓄にまわそうか考えますが、働くのも限界があり、収益のも限界があることからどのように収益を増やすかを考え、調べていくうちにソーシャルレンディング投資が良いことがわかりました。

ソーシャルレンディング投資が良いと思える点として、投資案件を提示するソーシャルレンディング事業者の案件を見て、最低投資額、年利回りが何パーセントを見て、投資するだけで、運用期間が終われば、投資額と収益が入ってきます。

投資した後は運用期間が終わるまでは特に気にすることなく、運用終了時に収益がいただけるために簡単で、株式投資なのどマーケットを気にする必要がありません。

もちろん投資である以上リスクはありますが、比較的安定的に収益が見込めるとの事で銀行の定期預金よりかは高い利回り、業者にもよりますが、年利5%~10%ほど見込むことができます。

これを頻繁に投資する事で収益を得ることから、生活費の当てになるためにとても助かる投資だと感じます。

働いている分をあまり使うことなく生活費を生み出す事ができるためにソーシャルレンディング投資はお勧めと言えます。

独身時代から結婚、出産準備まで

独身時代一人暮らししているときから家計簿を付け始め、自分の毎月の生活費の把握をするようになって無駄な買い物をしないようになりました。買った物を書きだすだけでも本当に必要だったかが一目でわかるので次の買い物のときにすごく役立ちます。

また、光熱費の変動も毎月家計簿を付けているとよくわかるので前年の同じ月より安く抑えられたら達成感もあり、無理をするわけでもなくゲーム感覚で節約を意識した結果、貯金も貯まるようになりました。結婚してマンションを購入する時も頭金を結構出すことができたし、毎年百万円単位で繰り上げ返済をすることで利息の支払いを減らすことが楽しくなりました。

使っていない電化製品のコンセントをこまめに抜いたり、電気を消したり、お風呂は家族で続けて入るなど基本的な事から食費を抑える為にも作り置きや献立の立て方など日々自分なりに研究するようになりました。無駄なものを買わないようにして物を沢山持たないことを意識すると、部屋もすっきりして掃除もしやすくなって家事の時短にもなりました。

そして出産を控えている今は、子供の為に自分で手作り出来るものは愛情込めて作ることにして、ガーゼハンカチ・ミトン・スタイ・おもちゃ・帽子・おくるみ・モビール等家にある素材で完成することが出来ました。

写真代の節約についてまとめました。

今はデジタルカメラやスマートフォンで写真が気軽にたくさん撮ることができます。私は子供が小さい頃、毎日の成長を残すようにたくさんの写真を撮りました。そして自分なりに安いネットプリントを探して印刷しました。

でも、プリント代が安いからと、あれもこれもたくさんプリントしてしまい、結果アルバム代が高くかかってしまいました。プリントをやめることも考えました。パソコンやスマホで見られるのでデータで残していればいいのではと。でもそうするとめったに見ませんし、子供と一緒に写真を眺める時間も楽しみなのでやはりプリントする事にしました。

写真をプリントする上で気をつけることは、まず一つ目は安いネットプリントなどを探して利用すること。5円くらいで十分の画質のものがプリントできます。これでプリント代はかなり節約できます。二つ目は注文する写真は枚数を絞ること。厳選して絶対に印刷したいと思う写真だけを印刷すると良いと思います。

私は撮ってから半年くらい時間を置いてみると冷静に選ぶことができました。プリントアウトしなかった写真はデータで保存してパソコンやスマートフォンなどで見ると良いと思います。プリントする枚数を厳選する事で、アルバム代も節約できます。

学生1人暮らしの節約に肝要なこと

私は今年から大学1年生でやむなく1人暮らしを始めた。やはり慣れない1人暮らしはお金がかかる。光熱費や予想外の出費ですぐお金は無くなるものだ。

どうすれば節約出来るのだろうか。やはり優先すべきは自炊だろう。まず家の近くの安いスーパーを見つけ、少々手間がかかってもそこで買い物するようにする。夜遅めの時間に行けばご存知の通り割引された商品が並ぶので、そうした商品を買うのも良いだろう。

1回の料理でかなりの量を作っておくと楽だし節約にもなる。次にゴミ捨てに関してだが、私の地域はゴミ袋が指定なのでお金がかかる。また資源ごみのゴミ袋と可燃ごみのゴミ袋は違う。そこで資源ごみは溜めておき、かなり溜まったらマイバックなどに入れて近くのスーパーのリサイクルボックスに入れる。

こうすることで案外高いゴミ袋にかかるお金が節約できる。こうした細々した節約が大きな結果を生むことになるのである。また自分がどれくらいの収入を得て、どれくらいの支出をしているのかきちんと把握することが肝要だろう。しっかり家計簿をつけていれば、不必要な支出があれば次月の買い物に活かすことが可能だ。

また生活必需品などは懸賞サイトに応募したり、プレゼントキャンペーンに申し込んだりすることも有効だ。

サラリーマンのコツコツ節約術の紹介

サラリーマンのお小遣いは雀の涙という言葉があると思いますが、そんなサラリーマンでも少しだけ心掛けることでお金がたまる節約方法を紹介します。

① 水筒(マイボトル)を持ちませんか?

通勤中や会社で自動販売機で何気なくコーヒーやペットボトルのお茶を買う行為を少しでも減らせればお金は貯まると思います。

そこで、マイボトルに自宅からコーヒーやお茶を入れて通勤します。

最近は水筒も軽量化が進んでおり昔のように重たく荷物の負担にはならないと思います。

マイボトルに飲み物を入れておけば、午前中は自動販売機にいく必要はないと思います。

また、会社でインスタントのコーヒーやティーパックを準備しておけば、お湯は無料だと思いますので、自動販売機の缶やペットボトルよりは安くなると思います。

インスタントのコーヒーをスーパーやドラッグストアーの安売り時に初期投資の感覚でまとめて購入しておけば、マイボトルを使用することでコスパは良いと思います。

② 昼の弁当持参

奥さまの協力が必要かと思いますが、弁当持参も節約にはもってこいです。

首都圏でランチとなると1000円台は当たり前ですね。

それであれば、奥さまにお願いして、昨晩の夕飯の残り物を弁当に詰め込んでもらうということは、お互いにもメリットがあると思います。

奥さまにとっても残り物の処分にも困っているわけですから。

また、夕飯の摂取量を減らして、翌日の弁当へ確保するということで、夕飯時のカロリーを押さえることで肥満体型を防ぐこともできると思います。

以上、節約術を紹介しましたが、要は自分の気持ちでカバーする面もありますので、コツコツとやってみるのが良いと思います。

普段の意識から変えられる節約方法

皆さんはお金を貯める上で節約はしているでしょうか。無理して支出を減らしてもついつい無駄遣いしてしまうことがあります。そんな型人間私が実践している節約方法をご紹介します。

私が実践している節約方法は本当に必要なときにお金をおろすという方法です。お金を下ろすのに手数料がかかるのではと思われる方もいるかもしれませんが、私は365日手数料無料の「新生銀行」を使用しています。

ちょっとお腹が空いたと思ったときに財布の中に500円があるのと200円があるのとでは意識が違ってきます。500円があれば少し余裕があるため値段が比較的高いものを買ってしまいます。しかし200円だとどうでしょうか。その200円で買えるものを探すはずです。

この現象を起こすために財布にお金が入っていない状況を作り出すのです。財布にお金が入っていれば使ってしまうのが人間です。しかし口座にお金が入っていればそのお金を下ろすという「手間」が発生します。こうすることでATMに行くのはめんどくさいから我慢しようと思うのです。

財布の中にはお金をたくさんいれない癖をつけることが大切ですね。普段の意識から変えてお金を貯めたいという方はぜひ実践してみてくださいね。

生活に必要な買い物の支払いはどうにかお得に。

生活に必要な物を購入するときにはお得に買いたいものです。常にクーポンや割引があるわけではありません。

通常の買い物で恩恵を受けられるのが、クレジットカード払いのポイントではないでしょうか?

クレジットカードは枚数をタイトにし、ポイントをまとめる事を推奨されていますが、上手に使いこなせるなら、多数持っている方が良いと思っています。

そこで、気にしたいのはどのカードをいつ使うとキャンペーンが多いのか、です。

例えば、ガソリンです。

無くなれば入れなくてはいけません。毎度毎度、ポイントが沢山貰える日に次までの分を入れられたらいいのですが、それでは間に合わない時があります。

そんな時は金額指定で、次のお得になる日まで微調整しながら入れます。

そして、ポイントが倍付けになったり、5倍になる日に満タンにします。

毎日使っていれば、どれくらい持つかも把握出来ます。

よく使うガソリンスタンドのカードを持っていれば別ですが、他のカードで払う時にはクレジットカードのポイント、TポイントやPontaポイントなども二重取りしたいものです。

私の場合、エネオスカードはありません。ヤフーカードで支払い、Tポイントを貯めるよりも、Tポイントをつけつつ、イオンカードで5の付く日にガソリンを入れてときめきポイントを5倍にしています。

ときめきポイントはある程度貯まらないと使えません。

必要出費で貯める分には惜しくないかなと思います。