自給自足こそが一番の節約です。

保険料や電気・ガス・携帯電話や固定電話のプランを見直して家計の固定費の削減すれば節約が出来、貯蓄を増やすことが出来ます。

しかし、どの家庭でも削減不可能な項目があります。

それが食費です。

特に育ち盛りの子供がいる家庭では減らすことは出来ません。

しかし、食費を減らしても食事の量が減らなければ問題はないのです。

では、食費を削減しつつ食事の量を維持するにはどうしたらよいのでしょうか。

私がたどり着いた答えは【自給自足】です。

庭のある家庭は庭に花を植える代わりに野菜を育ててみてはどうでしょうか。

また、マンションなど庭の無い家でもプランターを使えばほとんどの野菜の栽培は可能です。

どの料理にも使用できる玉ねぎ、ジャガイモもプランターでの栽培が可能なのです。

それどころか玉ねぎ、ジャガイモ、さつまいも、ニンニクなどは基本的に植え付け後は水遣りの必要もなく、やせた土地でも多くの実をつける特徴があります。

収穫後も涼しい風通しの良い所に置いておけば数ヶ月に渡って保存が可能なので、かなり家計を助けてくれます。

植え付ける苗や種芋も安価で手に入るので、手軽に始めることが出来るのでオススメです。

また、夏にはきゅうりやゴーヤ、トマト、ピーマン類、ナスなど一つの苗から大量に実が収穫できる野菜を育てれば毎日何らかの野菜を収穫することが可能です。

スーパーで肉や魚さえ買えば、毎日何らかの夕食を作ることが可能です。

また、夏休み中の子供のおやつとして庭に実ったきゅうりやトマトを自分で収穫させて食べさせれば食育の勉強にもなります。

無農薬の野菜の味の濃さや美味しさを子供も学んでくれるので、とても良い機会だと思います。

このように一年を通して何らかの野菜を栽培していれば驚く程食費を削減することが出来るのです。

また、赤紫蘇やハーブを育てたり広さに余裕のある人は果実の木を植えれば自家製ジュースや果実酒を作ることも可能です。

手間は掛かりますが、自然の恵みを十分に受けて家計も節約出来れば最高ではないでしょうか。

42歳シングルマザー三人子持ち

障害年金と母子扶養手当とアルバイトで生活しています。

長男は社会人で家を出ています。長女は大学四年生で学費は奨学金ですが、月に三万諸費用として渡しています。

次女は五年生。養育費派もらえず、十年やって来ました。

次女の大学の入学金は学資保険で積み立てています。

今は、車は所有することができないので、90ccのバイクに次女を乗せて頑張ってます。

隔月15日に224578円振り込まれます。

まずは、車を所有しない事で大幅に節約できています。

次に、住まいは県営住宅の古い所に住んでおり、家賃は17800円なのですが

減免申請により、半額で済んでいます。

通信代は、スマホを一台持つより、ガラホとタブレット持ちの方が安いので、二台持ち。

月7000円です。スマホの頃より安くなりました。

食費は、女二人ですが、育ち盛りの小学生なので、小さく安いものを色々な種類の野菜や果物、食品を買うようにしています。

飽きられないように、楽しく食べられるように、子どもの好きなグラタンや、かつ丼、パスタやカレーライス、ハンバーグなど、頑張って作っています。

お風呂は、シャワーがないのでそれ自体で節約になっていると思います。

湯船から使うので一目瞭然なのです。二月で5000円です。

ガスはお風呂とコンロで3000円。野菜はレンジで火を通してから調理しています。

私なりの節約術

毎月、知らずに出て行くお金を少しでも減らすことが大きな節約につながっていると私は思います。節約しつつ家計をやりくりするのは大変でどうすれば上手く貯蓄できるのか考えてみました。服や美容などにお金を使わない。

自分にとって必要なものかどうかを見極めて、買い物をする。食費について、あらかじめ予算を決めて買い物をするです。光熱費は、こまめに電気を消す、コードを抜くとかいくつか継続的に節約できる事がわかります。知人は、お財布に5000円以上入れないと言っていました。

お金があると衝動買いが増えてしまうからだと教えてくれました。この現金を持ち歩かない方法もありかなと思いました。買い物は、2週間程のをまとめて買い、極力行かないように心がける事にしょうと思いました。安いスーパーや特売日の日を見つけ買いに行きたいです。

食料品の買い出しは、空腹時をさける事もありだと教えてもらいました。匂いにつられてつい購入してしまうので、それを防ぐためだそうです。事前に計画を立てれば無駄をなくす事が出来ると思います。

私は家計簿をつけたことがなくて、家計簿をつける事により自分が無駄の多い生活を送っていないかわかるとも知り、家計簿によって節約の達成感が、よく分かるんだと知人に教えてもらい家計簿をつけるようにしました。こんな感じで私は節約を頑張っている今日この頃です。

不要なものはすべて解約しました

お金を貯めるためには不要なものにお金を使わないことだと思います。

そこで定期購入をしていたサプリメントやお茶を全て解約しました。

サプリメントなんてドラッグストアでも同じようなものを購入することができます。

それで十分なんじゃないかな、と思ったのです。

定期購入をしていると割引が効くということはありますが、それでもドラッグストアで購入をするよりも値段が高いです。

それに複数のサプリメントを購入していたので、サプリメント代だけでもかなりかかっていました。

これを解約しただけで1か月に1万円ぐらいは節約をすることができました。

定期購入にしたほうが安いし、必要になるものであれば割引が適用されるものを購入したほうがお得だ、と勝手に思い込んでいました。

しかし在庫を抱えるような状態になってしまったこともあり、注文していないのに次のものが届くとなんだかげんなりしてしまいます。

それを止めたらお金だけではなく、精神的にもスッキリしたような気持ちになりました。

不要だと感じるものは自分でも見切りをつけてどんどん解約をしていく、切っていくべきなのかなと思います。

そうすることで節約にもつながりますし、貯金という面でもメリットはあると思います。

無利息期間を使ってお得にキャッシング

大手のカードローンには「30日間利息0円」などというように、無利息期間が設けられているものも多いです。これは文字通り30日間は利息がかからずに融資を受けることができるということです。つまり、借りた金額をそのまま返済すればいいということで、実質必要な費用を1ヶ月以内なら建て替えてもらえるようになっています。

急な出費が続いてお給料日まで生活費が足りない時や公共料金などの引き落としが残高不足になりそうな時などに、すぐに利用できるためとても便利です。

またもし無利息期間内に返済できなかった場合でも、もちろんペナルティがあるなんてことはなく、逆に無利息期間終了後の借入残高からその後の利息を計算してもらえるというメリットがあります。