衝動買いが最ももったいないと思う

お金をためる上で節約は欠かせませんが、最ももったいないと思うのが衝動買いです。

理由は、買ったあと、失敗した、なんでこれ買っちゃったんだろう?と後悔することが多いからです。

たいてい、衝動買いは、そのときのトキメキ、「これ、かわいい」や

洋服や化粧品などは店員さんに「お似合いですよお~」と褒められて買ってしまうことが多いのです。

衝動買いをしないためには、まず、その日に買わないことが1番です。

その日は買いたくても、ぐっと我慢して、家に帰り、自分の持ってるものを見て

「本当にあれは必要なんだろうか?」「他の洋服とコーディネイトしやすいだろうか?」と考えます。

1日たっても欲しい場合は、本当に欲しい物ですし、

たいていのものは、やっぱり持ってるものと被ってる、あるいは買っても持っているものと合わないと」いう理由で

買う必要がありません。

特に洋服などは金額が高いので、まず衝動買いを控えるというのは

大きな節約になります。

また、自分の持っているものをよく知っておくということも大事なことです。

これ持ってないと思って買ったら、引き出しの中に同じようなものがあったというのはとてももったいないです。

必要なものだけを買うというのが、1番の節約になります。

我が家の習慣

私の家では、昔から小銭貯金をするのが習慣になっています。

母親が始めたのが最初だと記憶していますが、その後父親もはじめて、弟もはじめて、私もするようになったんです。

母親は漬物を漬ける用の容器に硬貨を貯めていました。

父親は座椅子の腕置きが隠れ収納になっていたのでそこに一日の中で出来た硬貨をすべて入れていました。

弟は何かの空き缶で、私は貯金箱とそれぞれ違いましたが、いっぱいになると銀行に持ち込んでは貯金していました。

母親の貯金箱は年々進化していて、タワー型の貯金箱に500円玉貯金、空き瓶に10円玉、空き缶に5円玉、1円玉と置き場所も増えていました。

もともと、節約や貯金が好きな母だったので何となく理解できますが先日それらがいっぱいになったそうで銀行に持ち込んだそうです。

すると、5円玉と1円玉だけで4万円になっていたとか。驚きました。

銀行の人も驚いたそうで「何年貯めたんですか?」と聞かれたそうです。

そういえば、母の車は500円玉貯金で貯めたお金で現金一括で支払ったと言っていましたが120万は下らない車だと思うので自分の母親ながら凄いなと感心してしまいました。

先日、実家の片付けをしていたら今は離れて暮らす弟の貯金箱が出て来て連絡すると「使っていいよ」と言われたので母親にあげました。

家族全員が小銭貯金している家庭って他にもいるのでしょうか。

お金を生み出すことも節約のひとつ

お金を貯めることって難しいです。難しいけれどたくさんの人が一生懸命に仕事をしてお金を残すように努力していますね。これは苦労がつきまとうお金の貯めかたですが、一番たしかなお金の貯めかたとも言えるのです。

世の中にはいろんなお金のためかたがありますがラクをして貯めようと企んだってそんなことできるはずないんです。ラクをしながらお金が貯まるんだったらみんなお金持ちになってストレスなく暮らしていることでしょう。

いちいちあれこれ言わないだけでみんな毎日それなりに苦労しています。仕事をしている人は嫌なことや大変な業務をこなしているからこそお給料がもらえています。突っ立っているだけ座っているだけでお給料はもらえませんよね・・・。

食費の節約、光熱費・交際費の節約などたくさんやろうと思えばできますが、そういうことで頭の中をいっぱいにするよりもまず働くことを考えた方が良いです。働き方が少ないなら働く時間を増やすとか、サイドビジネスができるのであればチャレンジしてみると良いでしょう。

私は外で働きながら自宅で副業をしていますよ。許可されているのなら副業はどんどんやってみるべきです。下手な節約よりお金を作る方がお金は貯まります。

まず最初は家計簿をつけることから始めて、現状把握する。

私はお金の使い方に関する知識があまりなく、毎日漠然とお金を使っていました。そのくせ、給料日前にはお金が無いといって困っていました。そのとき、友達に家計簿をつけて、支出を把握した方がいいと教えてもらい、実行することにしました。

まずはひと月、レシートや領収書を取っておいて、月末に項目ごとに集計しました。レシートや領収書がない場合は紙にメモしてそれも一緒に取っておきました。毎日、その都度記入していっても良いのですがなかなか続かないので、最初はざっくりと把握することにしました。

すると何気ない出費がたくさんあることに気が付きました。買い物で、つい安いお菓子やパンを買っていたり、お出かけの時にお昼を高いお店で食べていたり、たまには自分へのご褒美とコンビニのスイーツを買っていたりと無駄な出費がたくさんありました。私はとくにお菓子やスイーツが多くてこれではいけないと思いました。

主人も私の書いた家計簿を見て、自分のお小遣いはもらいすぎかもしれないと思ってくれて、毎日会社で買っていたコーヒーをやめて、余ったお小遣いを家計の方に回してくれるようになりました。これはとてもありがたいです。お金のこともですが夫婦の気持ちがひとつになった気がしました。家計簿を通しての節約をこれからも続けます。

好きな音楽は、まずユーチューブで聴いています。

最近、CDを買わなくなったように思いました。以前はCD代をお小遣いとは別にキープしていたくらいなのに、です。

同時にビデオも買わなくなったように、感じました。

CD代がほぼ0になったことは、節約の面では良いことだと思うものの、CDをどういった経緯で買うことが激減したのか、自分でもわかりかねていました。

なぜだろうとずっと思っていましたが、その理由が最近になってわかりました。

インターネット契約をしてからは、ユーチューブを通して、好きなアーティストの動画を見たり聴いたりしていたからです。

皆さんもご承知だと思いますが、ユーチューブでは、アーティストにもよるでしょうが、オフィシャルの動画を無料で聴くことができます。

レコード屋さんにわざわざ行かなくても、ユーチューブで試しに聴いてみて、好きなアーティストのCDだけを絞って買ってみるのもありだと思いました。

せっかく、毎月通信費を使っているのです。娯楽費とりわけCD代をお得にさせてみたいと考えています。

(注意:ただ、動画閲覧することでデータ量を使います。スマホで動画を見るときは、データ量を使うことで、速度が落ちる、帯域制限がかかる場合があります。ご注意ください)

食材は金曜までの目安で買う

私は食材の買い出しは基本日曜のみと決めています。日曜に安売りするスーパーがあるから、ということもありますが、他の曜日で特売で確実に安いものがないかぎり買い物は日曜しかしません。

夫と子供のお弁当もあるので食材はかなりの量になります。一度に冷蔵庫はパンパンになります。人参、じゃがいもなどの常備野菜は野菜室に、肉、魚は冷凍庫に常にありますが、牛乳や野菜やほかの食材は日曜に大量に買うのです。そこで目安なのが買ったものは金曜までには使い切る量を想定することです。

そして使うときも決して余らせることのないように、確実に使い切るために金曜を目安にどんどん使います。痛みやすいものから先に使いつつ木曜あたりまで在庫と相談してメニューを考えます。残り2日で確実に使い切るように、常備野菜と組み合わせつつ調理します。

肉は小分け冷凍しますが、お弁当もあるのでどんどん減っていきます。今までは安いからと多めにただなんとなく買っていた食材も、土曜までもつかな?くらいで買うことで無駄もないし常備野菜も消化し入れ替えできるので一石二鳥です。ちょっと控えめに買い物をするという意識が、微々たるものですが以前より食費が減っていきました。

余分なお金を減らしていきたいと思います。

最近、久々に貯金通帳を見ました。中身の数字を増やしていきたいと思いました。

どうやって、貯金を殖やしていくかということになりますと、無駄な出費のカット、収入の増加だと思います。

貯蓄高を増やすことで、何かしたいことがあるか、改めて考えてみたとき、普段はつつましくても、いざというときにお金を用意できるようにしたいと思いました。

合わせて、個人として、家族として、無駄な出費をカットできるか、考えてみました。

個人的な無駄遣いのカットは、仕事にまつわる無駄遣いのカットです。

だらだらと仕事部屋にいない(電気代のカットにつながります)、文房具の無駄遣いを控える(ノートの無駄遣いをやめる、ボールペン類を買わずに芯を買う)ということを考えました。

個人的には、食べるお菓子の量を少なくすること、病気にならないよう普段から心がけることです。

食べるお菓子を少なくすることで、ダイエットにつながります。そして、大きいサイズの服を買わずに済みます。大きいサイズの服は、少しお高めなので、身体が大きくならないようにしたいところです。

ストレスレベルが高まると、過食につながります。過食すれば、食べ物代ということでお金もかかりますし、病院へ行く可能性が高まります。

過食するとお金にも身体にも良いことがありませんので、日常の楽しみでできるストレス解消を用意しておくことは必要かと思います。

あと、普段から病院とご縁ができてしまわないように、手洗い・うがい・マスクをしておくことです。勤め人だった頃、これらを励行したことで、病院へ行く回数が減りました。

まだまだ、無駄な出費を抑えることはできるように思われます。大事な時のために、普段はお金を使わないようにしたいと考えています。

格安スマホの制限無しプランでデザリング。通信費の大幅カット

出先でパソコンを触りたい時があると思います。

Wifiを使うなら、それが使えるカフェなどに行くと想定すると思います。

最低でもドリンク代がかかります。

確かに仕事もはかどりますが、毎日の出費となると大きいです。

ポケットWifiの契約ならいつでも公園でも使えるので便利です。ただ、通信費として毎月4000円以上は固定でかかります。

スマホ代と合わせると結構な金額になります。

そこで利用したいのが、デザリングというスマホの機能です。

スマホの通信を隣近所の通信機器に貸すというイメージです。この時、スマホの通信の限度がある程度決まっているとかなり消耗してしまうリスクはあります。

次にスマホを使う時、かなり遅くなってしまうのです。

スマホの契約を格安スマホとし、プランを上限のないものにします。

そうすれば、使い過ぎを考えずに使用する事が出来ます。

問題としては動画などの要領がおおきいものの読み込みはかなり遅くなります。それを許容出来るならば、毎月1400円程度の通信費で外出先で上限気にせずデザリングをしてパソコンが使えます。

これならスマホ本体とパソコンだけで荷物もかさばらず、カフェだけでなく、車の中でも仕事が出来るのです。

格安スマホにするだけでも大きな節約になりますが、デザリングによって更に生活の質は上がるでしょう。

ソーシャルレンディング投資による貯蓄とお買い物

最近、注目されているソーシャルレンディング投資を通じて得た配当を元にお買い物をするようにしています。

貯蓄としてまず働いて得た収入を元にいくら貯蓄にまわそうか考えますが、働くのも限界があり、収益のも限界があることからどのように収益を増やすかを考え、調べていくうちにソーシャルレンディング投資が良いことがわかりました。

ソーシャルレンディング投資が良いと思える点として、投資案件を提示するソーシャルレンディング事業者の案件を見て、最低投資額、年利回りが何パーセントを見て、投資するだけで、運用期間が終われば、投資額と収益が入ってきます。

投資した後は運用期間が終わるまでは特に気にすることなく、運用終了時に収益がいただけるために簡単で、株式投資なのどマーケットを気にする必要がありません。

もちろん投資である以上リスクはありますが、比較的安定的に収益が見込めるとの事で銀行の定期預金よりかは高い利回り、業者にもよりますが、年利5%~10%ほど見込むことができます。

これを頻繁に投資する事で収益を得ることから、生活費の当てになるためにとても助かる投資だと感じます。

働いている分をあまり使うことなく生活費を生み出す事ができるためにソーシャルレンディング投資はお勧めと言えます。