銀行商品と保険商品

以前、地方銀行で定期預金をしたことがありました。それほど金利も高くはなかったので、解約して使ってしまったのですがまとまったお金が必要な時用にまた定期預金を申し込みに行ったんです。その時に、同じ利率で貯蓄預金があると行員さんから紹介されました。半年ごとくらいに変動があるらしいのですが元本が崩れることはないし最悪んお場合でも利子がつかないだけという説明だったので新しい口座と通帳をつくりました。

その後、毎月貯金額に応じて利子がついているのが楽しくて貯蓄する額も増やしました。ところが、数年後毎月ついていたはずの利息がパタッとなくなってしまったんです。そのまま利息がつくことはなくなりました。銀行の窓口にはその旨が説明されており経営が芳しくない様子だったので、違う銀行の商品を探していたんです。そんな時に加入している保険会社からハガキが届いたんです。

それで思い出したのが保険の方が利息がいいという事です。調べると、年利1.06だったので銀行から引き出し保険会社の窓口に行って自分の加入している保険の積立金にしてもらいました。そのまま保障にしてもいいし、使いたい時はキャッシュカードで引き出すことも出来るし保険商品は銀行より優秀な商品を扱ってると思います。

図書館で本や雑誌、映画を楽しむ

休みの日、遊びに行きたいけれど、ショッピングや映画に行くとお金を使ってしまうのが悩み…という方には、無料で利用できる図書館がおすすめです。

夏の暑い時期や冬の寒い時期は、冷暖房費の節約にもなります。私は1日図書館で過ごすと決めた日は、飲み物と軽食を作って行きます。そうすれば、コンビニでつい買ってしまうということも防げて、一日お金を使わない、なんていうことも可能です。

私は市をまたいで4つの図書館を利用していますが、空間が好きなのはここ、勉強するのはここ、Wi-Fiが使えるのはここ、DVDがたくさんあるのはここ、と気分で行く図書館を決めています。ちなみに自宅にWi-Fiがないので、音楽や動画は図書館でダウンロードをして、自宅や外出先で楽しんでいます。

図書館は本だけでなく、最新の雑誌や新聞、CD,DVDまで見たり、借りたりすることができます。私は以前から本が好きで、その都度購入していたのですが、一度しか読まなかったり、場所を占拠してしまうので今では全部図書館で借りています。ベストセラーも予約をすれば借りられます。

ただ、予約の順番がくるのに半年待ちなどはありますので、せっかちな方は難しいかもしれないですね。持つのも楽しみのうち、と考えられるなら、いいサービスだと思います。ぜひ、休日は、図書館で有意義な時間を過ごしてみてください。

週に500円からの積立始めました。

仕事がWEB関連の仕事なので1日中PCに向かっているのでWEB広告もかなり見るのですが、昨日たまたま見た広告にピーンときたので貯蓄を始めました。
具体てきには某ネットバンクのサービスで週ごと、日ごと、月ごとで外貨の積立ができるサービスで、少額から積立できるのとたまたまその銀行の口座を持っていて、サラリーの一部を入金して公共料金の決済につかっていたので、決済金のおつりを少しでも有利な金利で運用して貯蓄できるようにはじめました。

はじめてみると電気だいとか水道代の節約にも気を遣うようになり、特に節水ですが、多少は貯蓄できる金額が増えたとおもいます。
とくによかったのは毎週少額とはいえ一定額が積立金として引き落としされるので、あまり公共料金を使いすぎると積立金に回せるお金がなくなってしまうということでした。

特に節約の目標とか積立の目標とかきめずに始めたんですが、元々ずぼらな私にはこのやり方がむいていたようで、しばらく続けるこよができそうです。
つまり、ある程度の金額は積み立てることができそうです。
資金の使途も決めてないもで完全な余裕資金なのも気軽に放置しておけてよいのかもしれません。
500円という金額も500円玉貯金みたいで良いですね。