モニターに参加して楽天スーパーポイントを得ています。

ポイントをせっせと集めています。ポンタポイント、楽天スーパーポイント、クレジットカードそれぞれのポイントです。

特に楽天スーパーポイントに至っては楽天カードのクレジット決済を使用せずとも月々800円程のポイントを得ています。

アンケートに答えたりしています。

その中でもアッと言う間にポイントを稼ぎだしてくれるのがモニターへの参加です。必ず応募すればモニターに当選する訳ではありません。

それでもこの一年間で私は3回程モニターに当選しました。

価格はバラバラですが、簡単な物では500ポイント、出向いたりそれ専用の資格を必要とする物では1万円程のポイントや現金を頂く事が出来ます。

しかも私の勝手な印象ですが、一度当選すると次回の当選確率が高くなるように思います。

初めてモニターに当たるまではかなりの期間を要しましたが、その後は数カ月に一度の感覚でモニターに参加しています。

今のモニターが次回のモニターに繋がるかもしれないと思いながら真剣に取り組んでいます。

又、モニターの中には生活必需品の使用感アンケート等もあります。シャンプーや子どものオムツ等の使用感を答えるものです。それに当選した時は、それらの商品を数週間使用する事が出来るのでオムツ代やシャンプー代の少し助かります。

頂いたそれらのポイントも全て現金の感覚で扱っています。

1ポイントの無駄に出来ません。

節約を成功させる為には、日常生活の見直しが必要

節約に取り組む時に必要な事は、日常生活の中で本当に必要な事を見極めて、節約できる部分を習慣化する事です。

ただ単純に、新たに欲しいモノを我慢するだけではストレスが溜まる一方で、節約生活は長続きしないでしょう。

ストレスを溜めないように苦しむことなく、生活の中で自然に節約が出来るようにする為には、日常生活を見直して、習慣として節約という行為を身につける必要があります。

例えば、生活をする上でテレビを利用している人は、本当に必要かどうか見直す事が大切だと考えます。テレビを見ることで消費している時間と電気代、それに見合った分だけのリターンを本当に受け取れているのか、もしかしたら流し見しているだけで必要無いんじゃないのか。最近は、ネット配信されているサービスも有るけれど、テレビの代用として利用できないだろうか。

その他にも、バーゲンで買う商品は無駄ではないだろうか、と考えてみる必要があるだろう。そもそも、安いというだけでバーゲンセールに赴く必要はあるのだろうか。今持っている洋服などで、代用できないだろうか。等など。

そんな風にして、生活の様子を見直していくことで削ぎ落としていける部分を無理のない程度に少なくしていくことで、まずは日常生活の習慣として節約を考えて意識することが大事でしょう。

お金を貯めて旅行に行こう!!

旅行が趣味で、最低1年に1回はどこかに旅行に行っています!

今回は、海外に行ってみたいなぁ、ということで今までの旅行代金にプラス料金がかかるのでその分のお金をためるため工夫してみたので紹介します♪

まず私が目をつけたのは365日貯金。これは、白紙に1〜365まで番号を振り、好きな数字のお金を貯金して塗りつぶしていくと、全部埋まったとき、66795円貯まるという方法です。この方法だと、1日最高365円、最低1円から始められるのでお手軽だし、それくらいのお金だったら1日でいつの間にかなくなっているので、貯金箱にも躊躇なく貯めていけます。今では、塗り絵タイプで数字の書いてある場所を塗っていくものも出ていますので楽しみながら貯金をすることができます。

これのメリットは、例えば500円玉を入れたいと思った時、365と135の数字を塗りつぶし、2日分クリアできるところです。私は以前500円貯金もしていたので、500円玉をつくるクセが付いています。

なので、この方法でやっていくと恐らく半年で貯まり、1年後には10万強貯まり海外旅行へ行けそうです♪

目標があれば、計画を立てやすいしやる気にもなります。なので、まずはお金を貯める目的を決めて、目標金額を設定することで具体性も出てきてためやすくなるのではないでしょうか。

私のちょっとした節約方法

一度は聞いたことがある500円玉貯金ですが、私の場合は貯金箱に貯金するのではない方法で貯金をします。

その方法は、長財布に小銭を入れる場所を2箇所用意して、500円玉が入ってきたら、500円玉専用の場所に入れるのです。そしてそこは入れるだけで決して出さないという法則を決めて、お釣りで500円がきたら入れるだけなのです。この法則を崩さずに普通に生活をしていると、1ヶ月5,000円は貯金できます。年間に換算すると60,000円にもなります。

ポイントは知らず知らずに溜まっていくという点です。

普通に生活をしていて溜まるのですから、浪費グセのある人でも簡単に貯金ができます。

そして、取り出すことのできない缶に淡々と入れていきます。缶がいっぱいになったら銀行へ貯金しに行きます。

なかなか貯めることが苦手な人もこの方法なら、簡単に貯めることができます。

チリも積もれば山となるです。

そしてもう一つ私が行っている貯める工夫は、家電を使って家事をした時に、いったい外に出すとどれだけかかるかを調べて、外に出したつもり貯金をします。

例えば、クリーニングにワイシャツを出したとします。すると200円カケル5日で、1,0000円かかります。ただ家で洗うと1,000円節約できるのです。なので1ヶ月で4,000円の節約ということで、家計費から4,000円を貯金するようにしています。