節約と貯蓄の心持ちの違いについて

一見、節約と貯蓄は連携プレーのような感覚があります。節約すれば貯蓄できているというふうに。でも一概にそうとも言えない気がしています。何か目標をもって節約すれば貯蓄につながっていくと思いますが、何となく節約しているだけだと目に見えての貯蓄にはならないと思います。

貯蓄するならもう一気というか収入から??¥天引きして目標に向かって貯蓄していくという強い心持ちが大切と思います。貯蓄のためにちまちま節約していてもダメな気がします。節約は精神につながると思います。信条というか・・・。常に節約の心を持つという感覚です。

ありきたりですが水を大切にに使うとか、使っていない部屋の電気は消すとか。ここで私の節約術をあげますと何でもかんでもテッシュペーパーをポンポン使うのではなく、古布などを小さく切って可愛い箱などにいれて用途に応じて使い分けたり、掃除のときのフロアー用掃除ワイパーなどのシートにしても新しいときは手の届かない壁板などを軽く拭いておいてそれから床に使います。

片面が汚れたらその上にテッシュペーパーをのせてワイパーにつけて裏面をもう一度使ってから捨てます。さらにウエットシートも使わず古布を適当な大きさに切っておいてそれを水で濡らして固く絞りワイパーにつけて使用しあとは使い捨てます。それと、花壇の水やりですが雨水をためるようにしています。

ただ外にバケツを置いているだけですが。しゃくでお花に水をあげています。結構雨水はたまっていて猫の額ほどの花壇はいつも潤っています。後、究極はお買い物の時にできる小銭ですが気に入った箱や空き缶をとっておいてそこへ入れるようにしています。

いつそこへ小銭を入れるかというと、財布の中が重たく感じた時です。少しずつしか貯まりませんが意外と貯まっている時もあってそんなときはちょっぴりうれしい気持ちになります。

節約は信条で貯蓄は心意気だと思っています。さらに節約はできれば楽しみながら、そして貯蓄はちょっと心を鬼にして頑張るといいのではと思っています。