年齢相応に過ごすことも節約です

一番の節約は、その人の年代に合った楽しみ方を見つけることです。若作りも節約にはならないし、年より老けすぎているのも高くつきます。年齢相応がいいのです。

子供だって、学校に行っているときには、がっつりと勉強するのがいいのです。ここでしないと、おおきなむだづかいにまります。何かやろうと思うと、学習が大切だし、そのれに必要な基礎が学校で学べるのです。そこを押さえておかないと、後で、また、勉強しないといけなくなります。本も買わないといけなしい、時間もかかるし、部屋もいる。親も大変です。子供の手が離れないのです。

そこを、年齢通りに抑えて置いたら、後でやることも少なくなり、空いた時間に、ほかのスキルも、学べるのです。学習していると、どうしても、家族の協力もいりますから、サポートのお金もかかるのです。自立も遅くなるのです。

ここが一番、大きな節約になるのではないでしょうか。子供に払う費用です。毎年、200万円からの費用がいるのです。それがなくなるだけで、相当にうれしいし、助かります。昭和のように、大学を出て、就職するという時代ではなく、大学院に行くお子さんが多すぎるのです。こちらも、何とかしたいですね。