今一度、身の回りの出費をみつめなおす。

大学も人並みに卒業し、いざ社会へ。学生時代にはまっていたギター演奏を捨て切れず自由業にジャンル分けされるのでしょうか音楽界で仕事をすることになりました。それから数十年、時代的にバブルの勢いにも押され人並みの生活を送って来ることができました。

しかし社会の変化は早くそして予測のつかぬもの。ご存知のとおりレコードなどは殆ど姿を消し、CDもネットによる音楽配信に押されあやうい状況です。当然、我が家の収入も激減し生活レベルを保つには余儀なく貯金の切り崩しに踏み切ることとなりました。が、これもいつまでも続けるわけにはいきません。収入が支出を上回るように…生活費の削減を実行する決心をしました。

まずは車。駐車場代、保険、税金その他諸経費、月に四万円以上の節約になります。仕事で必要なときもありますが月1,2度の使用であれば格安レンタカーで済ませた方が断然お得です。次に生命保険の解除。年齢に応じて契約金もびっくりするほど高額になります。

切りの良い時に解除。これで月に2万円以上の節約。もちろん何かあった時、他人に迷惑をかけないための資金はストックしておきます。3番目に通信費。便利になったとは思いますが平均的通信費の額は納得できません。これも切りの良いところで契約変更。

パソコンは光から格安ADSL、携帯は気になるスマホの存在ですが我慢してガラ携のままで。これで月額約6千円の節約。特に若い人たちに聞いてもらいたいのですが、最近、支出で通信費の占める割合は高すぎます。これで月額7万円ちょっとの引き締め。なんとか収=支出にこぎつけました。もちろん光熱費などの節約も心がけています。

 
あらためて身の回りの出費をみつめていらないものは省いていく、これが健全な(?)節約だと思います。