食費節約はカレーとラーメンから始めてみてはどうでしょうか。

カレーとかラーメンは国民食と言われるほどにポピュラーな料理となり、チェーン店やメニューに採用している店が多いので外食でもお馴染みです。でも、外食だと安くても500~600円程でしょうか。高いものになると千円札でもまだ足りないこともあります。

私は食費節約の為に自炊していますが、自炊が定着して思ったのはこういったメニューを外食で摂るのはコスパは悪いのでは、ということです。

コンビニではあまり実感できませんが、スーパーへ行くと袋麺なりレトルトカレーなり、とても安価に販売しています。1袋あたり100円を切ってしまいます。では、味はどうなのかと言うと、カレーについては昔から外で食べるのとレトルトで大差は無いと感じます。ラーメンは最近の生めんタイプと称するものは本当に食感も含めて高いレベルになりました。もちろん、飲食店を巡ればインスタントものよりも遥かに美味しいものはあるのでしょうが、それなりにお金もかかります。

本体はある程度のレベルにきましたので、あとは具です。レトルトカレーは具も入っています。ラーメンも、ネギやメンマが絶対に必要な具かと言えばそうではないと思います。チャーシューが入っていればいいところでしょう。これもスーパーや肉屋で買えます。

私の近所に美味しいと評判のラーメン屋さんがあって食べたくてしかたない時がありますが、具のレベルや時間と手間を消費することさえ心の中で消化できれば財布から消えるお金は外食よりも少なく済みます。

自炊と外食とで同じメニューを金額で考えれば、外食はお金を払い過ぎていると思えるようになります。

お金のかからない料理で節約をしています。

私はお金がかからずにしかも満足できる料理をすることで節約しています。例えば土用の丑の日にはウナギを食べるものですが、私は「茄子のかば焼き丼」を食べます。作り方はとても簡単で、電子レンジで柔らかくした茄子を縦に開いて両面を軽く焼いて、これに砂糖、みりん、しょうゆで作ったタレに絡めます。このタレがウナギのかば焼きのタレそっくりな味で、とてもおいしいのです。

タレに絡めた茄子もウナギそっくりで、まさにうな丼を食べた気分になります。このように野菜を中心としたお金をかけずにユニークな料理を作ることで満足感が得られます。大根ステーキ、こんにゃくステーキ、豆腐ハンバーグなどもよく作ります。お味噌汁やお吸い物にはレタスやキャベツなどの葉物をたくさん入れることで野菜が多く得られて満腹感もあります。この汁物もだしの素の使用は極力控えて、いりこや野菜の余った皮や切りくずを利用してだしを取るようにしています。

また余った野菜は、お米屋さんでタダで譲ってもらう米ぬかに漬けてぬか漬けにして食べます。肉を使った料理はめったにせず、たまに買うとしても鶏のむね肉を買います。ただしむね肉は普通に炒めてもあまり美味しいものではありませんので、サッと湯湯ししてサラダにすることが多いです。

通信費を見直すのが最も有効な節約方法だと思います。

我が家は子どもが二人いますが、下の子の教育費も来年からかかるようになってきそうなので、今までより節約する必要が出てきました。また上の子も習い事などでさまざまな費用がかかってしまうようになったので、なおさら節約しなければならない状況にあります。よく節約といえば、光熱費と食費の節約を重点的にすべきという考えがありますが、私としてはインターネットや携帯電話にかかる費用である通信費が最も節約しやすい項目なのではないかと思っています。

通信費は、インターネットサービスを提供している会社や携帯電話会社によって費用がかなり違うのです。特に最近は携帯電話会社なら、格安スマホといわれる大手携帯電話会社の回線を利用したサービスを利用するのが大きな節約になると思われます。インターネットサービスの提供会社もそれぞれ費用が違い、携帯電話と同じ会社のサービスを利用すればセット割などでかなり安く利用できることもあります。

通信費は見直して解約・契約をするのには手間がかかりますが、それ以外は今までと変わりなく利用しても通信費は安くなるのです。光熱費と食費の節約なら電気をこまめに消す、お肉を値段重視にして味は二の次になってしまったりと、何かと努力や我慢が必要になってきます。そのため仮に節約の効果があったとしても、同時にストレスがかかります。

節約の努力をするのが大変だという人、面倒だという人はぜひ通信費の見直しをお勧めします。

おいしく楽しく節約を!おいしく食べれる貧乏料理を探そう!

普段使うお金の中でも、ちょっと気が緩むとすぐにかさんでしまうのが食費です。

たまにはおいしいものを食べたいけれど、普段はやっぱりできる限り抑えたいものです。

そこで考えたのが、安い食材でなんとかおいしく食べれて満足できないか、という事です。

いくら安くしても、おいしく食べれていないと、満足できません。

そこで、今回は、私が食べている、安いけれど満足できる料理をいくつか紹介したいと思います。

①梅干し×塩昆布×ごま油のおにぎり

これは私が大好きかつ、朝食はこれとお味噌汁があれば他は何もいらないです。

ごはんに細かくした梅干し、塩昆布、ごま油をいれて、混ぜて握ってのりをまくだけです

これだけなのに、なぜかものすごくおいしいのです。

また、きゅうりと混ぜる、豆腐にかける、など、他の安く手に入る一品料理への応用がきく組み合わせです。

②鶏むね肉で、チキン南蛮

鶏むね肉に小麦粉を付けて、卵にくぐらせて焼きます。

そして、しょうゆ・酢・砂糖を煮立てた鍋に焼いた鶏肉を浸します。

最後にゆでたまごで作ったタルタルをかけるだけ。

これだけで、家族も大満足なメイン料理ができあがります。

鶏むね肉は安い時が多いので、登場回数が多い料理です。

③鶏むね肉のみぞれ煮

こちらも安い鶏むね肉を使います。

夏場は安いピーマンとなすも。

むね肉となす、ピーマンを炒めて、そのあと、しょうゆ・酢・みりん・砂糖・出し汁・大根おろしを入れて、10分ほど煮込みます。

調理時間もあまりかからず、もちろんメインとして食卓に出すことができます。

④豚こま肉でハッシュドポーク!

安い豚こま肉と玉ねぎで、ハッシュドポークを作ります。

お肉と玉ねぎを炒めて、ウスターソースとケチャップ、コンソメ、水を入れて煮込みます。

ちょこっと片栗粉でとろみをつけてもいいと思います。

濃い目の味付けにして、ごはんにかけるのもなかなかおいしいです。

ハヤシライスなどのルーを使わずにそれっぽい味がでるので、ごはんがすすみます。

いかがでしたでしょうか?

なるべくその時の安い食材で・・・とはいえ、上記の食材はどれも年中安価ででに入りやすいものです。

もしよければ作ってみてください。

また、自分なりのこれなら安いけど、私・家族は満足するという料理をどんどん増やしていけると節約につながりやすいと思います。

食費の節約に、鶏胸肉!

3人の息子と、旦那、5人家族の我が家。子どもが増える度に、食費が跳ね上がっています。そして、旦那をはじめみんな肉好き。

特に、消費税が8%になったのも、我が家としては大打撃。たかだか3%の上乗せでも1万円のお買い物をしたら、300円上乗せされる計算。子どものお菓子3つ分、食パン6枚切りが2つ分が消費税に消えていくと思うと、ため息ものです。

そんな我が家のお助け食材は、鶏胸肉です。スーパーで2枚400円のときを狙い、8~10枚大量買いしておきます。大体、2枚ずつ使うのでそのまま冷凍庫に入れ、使う日の朝に冷蔵庫に入れておけば夕方には解凍され、すぐに使えます。

子どもに人気が高いのは、唐揚げです。一口大に切った鶏胸肉を、小麦粉と卵を溶いたものにくぐらせ油で揚げていきます。そしたら、レンコンやじゃがいもなど野菜も一緒に揚げて、野菜フライと唐揚げのできあがり。いくら安い鶏胸肉とはいえ、お肉だけ出していたら彼らの胃袋は満たされません。その季節毎に旬で安価な野菜も添えています。

鶏ハムや鶏肉じゃがなど揚げ物以外のメインにも使えるし、その他蒸した胸鳥肉を裂いてサラダに入れたり、スープに入れたりサイドメニューにも活用しています。

牛肉は月に1回、豚肉は多くて週3回、その他は鶏胸肉を使った夕ご飯です。レパートリーを増やせば、鶏胸肉だけでも我が家の男児達は満足してくれています。

日々の出費をできるだけ抑える方法

私が普段行っている貯蓄の増やし方は、「日々の出費をできるだけ抑える」ということを意識する方法です。交際や娯楽などに関する出費に関しては、それほど多くも無いと思いますが、必要な場面では出費があっても仕方がないと思っていますので、それ以外の、食料品・日用品の購入費や光熱費等、日常的な出費を節約する事を常に意識して生活しています。

まず、生活圏内のあらゆるお店のチラシはネットでこまめにチェックする様にし、可能な限り安い物を購入するように心掛けています。特に日用品や雑貨など、保存が利く消耗品は、多少のストックが自宅にあっても、安売りをしているものがあれば、その時に買ってしまいます。保管場所に困るほどまでは溜めませんが、使用しているものが無くなっても、常に3つ、4つ程度はストックがある状態です。ほとんどの物は安売りの価格でしか購入していません。

また、生鮮食品等も安い商品があった時に買いだめをして冷凍保存をしたり、保存の難しい野菜等も、少々鮮度が落ちていても安くなっているものがあれば購入し、早めに使い切ったり、その日に食べられなくても、下茹でなどの処理だけ済ませて翌日に使うなどし、工夫してできる限り出費を抑える様にしています。

また、光熱費に関しても、使用時間・使用時の強さ・温度などの調整は常に意識して、電気・水道・ガスの使用の無駄が無い様に心掛けています。手間に感じる事もありますが、時々家計簿や光熱費の領収書を確認して、わずかでも節約ができていることが実感できれば、それが励みになり、また日々の節約へのモチベーションも上がります。

アマゾンで書籍代をうまく節約する方法

私は本が好きなので、アマゾンのサービスを活用して書籍代を節約しています。

アマゾンには多様なサービスがありうまく使うと本を安く購入することができます。

今回はお得なサービスについて紹介します。

アマゾンマーケットプレイスで中古本を安く購入する

もし新品にこだわりがなければマーケットプレイスの中古書籍で安く購入できることもあります。

出品商品が低価格で販売されていることがあります。例えば1円でほとんど送料のみで購入できることもあります。

マーケットプレイス出品者の中には本は格安で販売し送料で稼いでいる人もいるそうです。

ただし状態説明はきちんと読んで確認したほうがよいです。

一度安いと思って購入したら図書館で貸出されていた本のことがありました。

Kindle本でポイント還元を狙う

もし紙の本でなくてもよくて、既にKindleフォーマットで電子書籍化されている本は、Kindle版が多くのポイントが付くことがあります。

私は仕事柄、IT関連の書籍を購入するのですが定価3000円ですがポイントが常時20%ついている本が多く実質2割引きで購入できます。

ポイントがたまればまた本の購入費用に充てられます。

またKindleのセールもよく開催されてます。例えば漫画のセット購入が定価の80%引き、あるいはポイント還元が定価の80%ということもあります。

ギフト券のキャンペーンを利用する

アマゾンギフト券はよくキャンペーンをしています。以前あったのが、3000円のギフト券を購入するとポイント500円分プレゼントという企画でした。自分で自分にギフト券を贈れば500円の商品券を無料で手に入れることになります。キャンペーン内容は随時変わりますので現在開催中のキャンペーンをチェックするとよいと思います。

それではこの内容を参考に、アマゾンで少しでも書籍代を節約して購入できないか試してみてください。

台所の節約方法

アコム無人機でその日のうちに借りる!
http://www.sydneydemocracyinitiative.net/

毎日の買い物でついつい無駄なものを買ってしまいがちですが、財布の中に入れるお金の金額を決めておくとそのようなことが防げます。なるべく千円以内になるように買い物をするようにします。

その他の節約ポイントは冷蔵庫にも買いだめをしないようにすることです。沢山食材を買ってしまうと、結局使う前に賞味期限が来てしまいがちです。常に冷蔵庫の中身が把握出来るようにしましょう。冷蔵庫の中身が把握できていれば余計な物を買うこともありません。

何を買ったのか自分の目に付く場所にメモして貼っておくのもいいです。

料理で量が欲しい時にもやしを使ってかさ増しするのもお勧めです。もやしは比較的安く購入することが出来て幅広い料理に使うことが出来ます。

また子供は良くジュースを欲しがりますが、あればすぐに飲んでしまいがちです。ジュースを買うよりもお茶を常に冷蔵庫に常備しましょう。お茶はパックで買い家で沸かすようにすると節約出来ます。

餃子は安い時に沢山買って冷凍しておくと便利です。冷凍したまま焼くとパリパリに焼くことが出来ます。きのこも冷凍しておくとうまみが出やすくなり料理のバリエーションが広がります。

私がお皿を洗う時によくしているのが貯め水です。貯め水の中に洗剤で洗った食器を入れるとすすぎの水が少なく済みます。

いいことづくしの手作りおやつ

最近になって始めた節約は、今さらですが、炊飯器でホットケーキを作ることです。

1歳になる息子に手作りおやつを食べさせたいことがそもそものきっかけだったのですが、今では私のほうがはまり、一緒になって食べています。

作り方は、パッケージの裏面どおりに生地を作り、炊飯ボタンを押すだけです。炊飯器によって違いがあるようですが、うちはだいたい炊飯ボタン2回押しで出来上がります。

そのままでももちろんおいしいのですが、バナナや蒸したさつまいも、かぼちゃなどを入れるとさらにおいしくなります。蒸した人参、茹でて刻んだほうれん草や小松菜も意外とおいしく仕上がるので、息子も喜んで食べてくれます。

ここまでですと、大した節約にならないのでは?と疑問に思われるかもしれませんが、節約につながるメリットが2つあります。

1つ目は、食べるシーンが非常に多いことです。息子とのおやつに、軽めのランチに、朝ごはん代わりに(特にパンを買い忘れた時に)、重宝しています。家に何もない時って、つい店頭でちょこちょこと買ってしまいますよね。これが節約の敵なのです。

2つ目は、残り物食材の救済に役立つことです。黒くなったバナナ、ちょっと残ったかぼちゃや人参。離乳食中のお子さまを持つご家庭は、食材もあまりがちだと思います。全部ホットケーキに混ぜ込んでしまいましょう。

残り物でも、子どもと一緒においしく食べられるよう工夫をすれば、きっと喜んでくれますよ。

節約を「生き方」に変えるミニマリズムという方法

最近、主婦のブロガーさんを中心として『ミニマリズム』という考え方が広がってきています。ミニマリズムは日本語でいうと『最小限主義』です。簡単に表現するならば「できるだけモノを持たない生活を楽しもう」という考え方です。

従来、モノを持たない生活と聞くと、節約や断捨離といったどこかストイックで苦しそうな印象がありました。しかしミニマリズムでは、より積極的に自ら進んで節約生活を楽しもう!というポジティブな雰囲気があるのです。多くの人にミニマリズムが受け入れられたのは、節約の明るさに目を向けたところが新鮮だったからでしょう。

ミニマリズムでは、我慢をするのではなく、工夫をします。例えば電気代を減らそうとするとき、ただ電気を消すだけでは面白みがない。だから、おしゃれなキャンドルを灯して、電気が消えている時間を楽しもうとするわけです。

たくさんの洋服も断捨離のためにただ捨てるだけでは、工夫がありません。限られた資源を有効活用するため、ミニマリストの人はリサイクルショップやオークションを活用して服を売りに出しています。売れたらお金も入ってきますし、誰かの役に立てるので一石二鳥です。

このように、節約生活につねに工夫を取り入れて、その工夫を積極的に楽しむ姿勢。これが究極の節約家――ミニマリストの生き方なのです。