私なりの節約術

毎月、知らずに出て行くお金を少しでも減らすことが大きな節約につながっていると私は思います。節約しつつ家計をやりくりするのは大変でどうすれば上手く貯蓄できるのか考えてみました。服や美容などにお金を使わない。

自分にとって必要なものかどうかを見極めて、買い物をする。食費について、あらかじめ予算を決めて買い物をするです。光熱費は、こまめに電気を消す、コードを抜くとかいくつか継続的に節約できる事がわかります。知人は、お財布に5000円以上入れないと言っていました。

お金があると衝動買いが増えてしまうからだと教えてくれました。この現金を持ち歩かない方法もありかなと思いました。買い物は、2週間程のをまとめて買い、極力行かないように心がける事にしょうと思いました。安いスーパーや特売日の日を見つけ買いに行きたいです。

食料品の買い出しは、空腹時をさける事もありだと教えてもらいました。匂いにつられてつい購入してしまうので、それを防ぐためだそうです。事前に計画を立てれば無駄をなくす事が出来ると思います。

私は家計簿をつけたことがなくて、家計簿をつける事により自分が無駄の多い生活を送っていないかわかるとも知り、家計簿によって節約の達成感が、よく分かるんだと知人に教えてもらい家計簿をつけるようにしました。こんな感じで私は節約を頑張っている今日この頃です。

不要なものはすべて解約しました

お金を貯めるためには不要なものにお金を使わないことだと思います。

そこで定期購入をしていたサプリメントやお茶を全て解約しました。

サプリメントなんてドラッグストアでも同じようなものを購入することができます。

それで十分なんじゃないかな、と思ったのです。

定期購入をしていると割引が効くということはありますが、それでもドラッグストアで購入をするよりも値段が高いです。

それに複数のサプリメントを購入していたので、サプリメント代だけでもかなりかかっていました。

これを解約しただけで1か月に1万円ぐらいは節約をすることができました。

定期購入にしたほうが安いし、必要になるものであれば割引が適用されるものを購入したほうがお得だ、と勝手に思い込んでいました。

しかし在庫を抱えるような状態になってしまったこともあり、注文していないのに次のものが届くとなんだかげんなりしてしまいます。

それを止めたらお金だけではなく、精神的にもスッキリしたような気持ちになりました。

不要だと感じるものは自分でも見切りをつけてどんどん解約をしていく、切っていくべきなのかなと思います。

そうすることで節約にもつながりますし、貯金という面でもメリットはあると思います。

無利息期間を使ってお得にキャッシング

大手のカードローンには「30日間利息0円」などというように、無利息期間が設けられているものも多いです。これは文字通り30日間は利息がかからずに融資を受けることができるということです。つまり、借りた金額をそのまま返済すればいいということで、実質必要な費用を1ヶ月以内なら建て替えてもらえるようになっています。

急な出費が続いてお給料日まで生活費が足りない時や公共料金などの引き落としが残高不足になりそうな時などに、すぐに利用できるためとても便利です。

またもし無利息期間内に返済できなかった場合でも、もちろんペナルティがあるなんてことはなく、逆に無利息期間終了後の借入残高からその後の利息を計算してもらえるというメリットがあります。

最近私がはまっている節約貯金のしかたを書きます。

私が最近はまっている節約貯金についてかこうと思います。

私は最近「ECナビ」というポイントサイトに登録していて、そこのサイト経由でいろいろな買い物をしています。特にベルメゾンやゾゾタウンやオンワードなど、衣類をたくさん通販で買うことが多いので利用させてもらっています。そのポイントサイトを経由して買うと必ずポイントが加算されるので、たまったポイントを有意義に使っているんです!

今日はある程度ポイントが貯まったので、「pex」というサイトに換金して、そこから自分の通帳にお金を換金しました。とても気分が良かったです。ほんの少しの手間ですが、そうやって少しずつためていったポイントが貯まるときってすごく嬉しくありませんか?

私はこれからもずっとポイントをためていこうと思っています。おそらく面倒臭い人はそんなことをしないと思うのですが、私はけっこうそれが楽しみになっているのでよしとします。みなさんも是非利用してみてください。とてもためやすいサイトだと思っています。毎日アンケートに答えるだけでたまっていくし、知らない間に「えっこんなに貯まっていたんだ!」とビックリすることがあるくらいですよ。こつこつこれからもやっていきます。

姑から学ぶ雑巾生活

最近の若い世代は、便利で楽なアイテムが大好きです。

私も子供が生まれてから、ちょと汚れた時、簡単に何かを履きたい時、すぐ手短にあるウェットティッシュを使うようになりました。

簡単に使って捨てれば良いという便利さから、ついつい簡単にウェットティッシュに手が伸びるようになりました。しかし、便利ですがやはり浪費につながる元です。

まとめ買いしたウェットティッシュの消費の早さに我ながら唖然としました。

そんな生活を見ていた姑が苦言。「最近の若い世代は、物を大事にすることを知らなさすぎる。我々の世代は無駄にティッシュなどの紙を使わない。汚れれば雑巾やふきんを使って、何度でも洗って繰り返し大事に使えばいいじゃないか!」と言われました。

姑は古くなったタオルを次は雑巾として使います。

私もそれを見習って、子供が食べ物をこぼしたり、口の周りを履きたい時などは、棚の中で眠っていたハンドタオルや使い古したタオルを利用するように、心がけて暮らすようになりました。

もちろん、ウェットティッシュの消費量は随分と減り、その分の出費、またゴミの量も当たり前に減りました。

何でも便利が故に無駄なことをしている我々世代のこの生活は、節約ということで生活の無駄を見つめ直す必要があります。

楽しく、心地よい節約を目指してます

我が家は、何年か前から新聞をとらなくなりました。理由はいくつかあります。まず、広告大好きな子供が新聞を散らしてしまい、部屋が散らかりがちになってしまうこと、あとは、スマートフォンや雑誌などで手軽にニュース情報を見れるようになったことです。もちろん、毎月の新聞代を浮かせる目的もあります。

次に買い物ですが、週末の売り出し日は、午前中の開店前後の時間に買い物に行きます。スーパーマーケットは、それぞれ店舗によって開店時間が違いますが、早いところでは、朝8時30分開店になってます。そして、会計のレジもセルフレジが随分普及してます。今日も、午前中に「本日の特売アイスクリーム」のファミリーサイズを買いました。子供の顔を浮かべながら買っています。

あとは、趣味にもなっている手縫いと手編みですね。完全に外出しないモードの日は、1日でも作業できます。これから気温が上がるので、セーターではなく、麻や綿糸を使った靴下や雑貨を制作することを考案中です。

楽しみながら、なるだけ継続できるものを趣味として実生活に取り入れることにしてます。そして生活に役にたつことを考えながら暮らしていきたいです。

苦手な料理やお菓子作りも上達出来たら最高ですよね。衣食住にまつわる心地よい節約家になりたいです。

コストパフォーマンスが最強、コンビニのコッペパン

最近コンビニで120円前後で販売されている「コッペパン」にはまっています。

大手コンビニチェーンで買える、このコッペパン、適度にふわふわしていて柔らかく、大きさも手軽な上に、コストパフォーマンスが最強なので、お昼ご飯には最適です。

店にもよりますが、外でお昼ご飯を食べようとすると、500円~1000円かかってしまいます。それを考えたら100円台でそれなりにボリュームがあるコッペパンは節約の強い味方です。最近では、いちごやあんこなど、コッペパンの中身もバラエティ豊富になっています。

さすがに毎食というわけにはいきませんが、飽きない程度に、適度にランチに取り入れたいと思っています。

節約をする上で一番削りやすいのが食費です。

でも、あまりにも食費を削ってしまうと、なんだかつらい気持ちになってしまいます。

そして1人暮らしならよいのですが、家族もいるとなると、あまり食費を削りすぎるわけにもいきません。

そこで、使い過ぎないようにしつつ、パンや外食も取り入れた上で、なるべく食費を抑えられたらいいなと考えています。

節約したストレスで無駄遣い、なんて意味のないことにならないように、これからも、適度に頑張りたいものです。

結局チョコチョコ買ったら安物買いの銭失いじゃん

私はまとめ記事のライティングで脳を使うので、

著しく糖分を欲する場面があって

そんな時は、有楽製菓の「ビッグサンダー黒い巨雷神」と言う

一風変わった、それでも認知度は高い

ココアクッキーベースのチョコレート菓子を

摂取してエナジー補給に充てていました。

ビッグサンダーはコンビニエンスストアで購入すると

50円の消費税で54円します。4枚買えば216円です。

AEON系のスーパーマーケットでは

47円の消費税で50円、4枚で200円になります。

更に、スーパーマーケットは

第二日曜日、20日、30日が5%OFFになるので

特売日にビッグサンダーを買うと、4枚182円で買えました。

コンビニエンスストアは並ばなくて良い、

自宅の近所にある利点がありますが

少し足を延ばして、

スーパーマーケットでレジ前に並んで購入すると

この案件では34円の黒字を見込めます。

このエピソードにはもう少し続きがあり、

現在もまとめ記事のライティングは続けていますが

ビッグサンダーを買う習慣が全くなくなりました。

エナジー補給は自家製のスポーツドリンクで充足です。

「ただより安い物はない」とはよく言ったもので

習慣化していた事を断つことでも節約につながる

そんな教訓を今回振り返って学ぶことができました。

私が実践している絶対にやるべき貯金術はこれだ!

皆さん、貯金は好きですか?私は大好きです。しかし将来年金は出ない、経済は不透明、政治は悪化するばかり…。そんな未来が不安に残るなかで今までと同じような出費の仕方では今後10年後20年後実際にお金は手元にあるのでしょうか。なので、今回は私が実際に行っているこれだけは!っていう貯金術を簡単に書いて行きたいと思います。

まず何がなんでも家計簿をつくることから!

よくあっちこっちでも言われている事ですがこれは本当に大切なことです。以外と家計簿を始めようと思うんですがすぐ終わっちゃう人多いですよね。1週間とかで満足してあとはやらなかったりする人結構いるんですが、やっぱりお金がどれくらい入ってきてどれくらい出ているのを把握することから始まりますよ!

本日どれくらいの出費になるか目標を決める!

まずは自分がどれくらい出費しているのかを把握する、もちろんそれだけでは意味がないですからそのあとはどれくらい貯金するかどれくらい出費にあてるか目標を決めるのです。もちろん、出費は低いほうが良いですがそれでも生活が苦しくては意味がありません。昨日、今週、先月といろいろ比較しながら出費をどれだけ低くするか目標を立ててみてください。

自分へのご褒美も忘れずに!

私は必ず土曜日にご褒美を作っています。実は貯金ってそこまで簡単なことじゃないんですよね。だって今までの生活スタイルを変える事になりますから人間の脳って変わっていくことにたいしてストレスを感じるものなんです。だからストレスをためてしまっては意味がありません。しっかりご褒美デイを作りながら無理なく貯金していきましょう!

どうでしょう。私が実践している最低限はこれをやりなさい貯金術リストです。貯金って本当に大切で大変ですよね。でも、つらい事ばかりでは続かなくなってしまうのでしっかり計画的に無理のない範囲で一緒に頑張っていきましょう!

節約が思うようにいかない理由

毎月毎月、どうやって節約するか、どうやって余裕を持った生活をするかについて考えています。

そんな私を阻むのが「親」の存在です。

同居している親が、「これ買っておいたから」「これ契約したから」と、ある日突然、何かを買ったり契約したりすることがあるのです。野菜や肉などの食料ならば、特に困るという話でもないのですが、それが生命保険だったり、少し高額な家具だったりすることもあるのです。

「ちょっと困る」という話をしてしまうと、すぐに機嫌が悪くなるため、手に負えません。また冠婚葬祭も、こちらが負担することがあるのですが、その金額もばかになりません。ときどき予想外の支出が発生するため、全く思い通りにならないのです。

いろんなものを勝手に購入してはこちらに請求をまわすのを、どうにかやめてほしくて何度か言ってはみたのですが、まるで理解してもらえず、ただ苦しい一方です。節約するのもいやになることがありますが、この生活では節約しないと暮らしていけません。

せめて保険のようなものに関しては事前に相談してもらうか、自分自身で払って欲しいものです。節約が思うようにいかない理由が分かっていても改善されないので、かなり困っています。