収入とともに財布からすぐに貯金に回す

毎月わずかな金額でも、長い年月コツコツと積み重ねるとかなりの金額になっていきます。

とはいえ一定のお小遣いの範囲の中から貯蓄をするのはかなり大変なことです。

しかし将来のことを考えると、たとえ少しずつでも貯蓄をはじめたいものです。

どうしても財布の中にお金があると、必要以上に使ってしまうことがあります。

逆に財布の中にあまり入っていなければ、それに合わせて何とか節約を試みようとするようになってきます。

このなんとか次の給料日、そしてお小遣いの入る日まで何とか節約をして持たせようとする気持ちがとてもたいせつなことです。

そこであらかじめ財布の中身を少なくしておくことで、必要以上の浪費を控えることができます。

どうしても自由に使えるお金が手元にあると浪費をする傾向にあります。

しかし財布からあらかじめ抜いておくことで、むしろ節約をしなければという気持ちに切り替わってきます。

収入のあった段階でいくらかをあらかじめ貯金として抜いておくことで必要以上に使わずに済みます。

このことによりたとえ少額ずつであっても確実に貯金をすることができ、その蓄積によってある程度まとまった金額にすることができます。

預金を増やすためとはいえ、あまり無理な節約をするなどは避けたいものです。

何となく自然に抑制のかかる程度の使い方に収まるようにしましょう。

貯蓄は銀行ばかりに預けないで・・・

貯蓄は銀行ばかりに預けないで、投資の勉強をして、リスク回避のこともしっかりわかった上で、運用することもアリ!と私は思います。

そのためのセミナーもあるわけだし、銀行さんだって、みんなから預かったお金をいろんな形で運用しているわけで、自分でやるか、銀行がやっているかの違いだけですからね。

保険会社も、もちろんあちこち運用していて、海外投資までやっています。

いろんな形で分散してお金に働いてもらい、利益を少しでも上げているわけです。

だから、手をこまねいていてはロスをします。

よく、だまされたりする人がいますが、あれは、うまい儲け話に簡単に乗るからであって、きちんと基礎知識があったり、いつも注意を傾けて経済の動向のアンテナを張り巡らせている様な人だったら、うまい儲け話なんかには絶対乗らないですし、大金をいっぺんにつぎ込むようなこともしないです。

不動産の「リート」で、もし、儲けた!と喜んでる人がいてもあんまり、過信しないことです。

ただ、応援したい会社に、貯蓄の一部を投資する、というやり方で会社と共に歩めば、お金が自分の変わりに働いてくれる、ということで、自分はホントは一人でも、二人分を働ける!ということでは社会で生きていく上で効率がいいといえます。

その分、回り回って自分に返ってくるものも楽しみがたくさんあっていいと思われます。

ただ、たくさん勉強して、自己責任でやるべきでしょう。

貯めたお金の運用について

毎月のお給料から少しずづ貯めたお金や、日々の節約で頑張って貯めたお金。普通預金にそのままにしているという方ってけっこういるのではないのでしょうか?

私自身もせっせと普通預金にお金を貯めて増えていく残高を見て満足していたのですが…ある日銀行の窓口へ行ったときのこと、窓口の人から「普通預金の口座にそのまま入れておくのはもったいないですよ。」と言われて目から鱗が落ちました。

それまで私は、貯めたお金は使うときがきたら使おうと思っているだけで、使う時期が来るまでどうしておこうなんて考えたこともありませんでした。定期預金に入れても普通預金の利息とそんなに変わりはしないし、株や投資信託などで資産運用をしようという思い切った行動もとれないし、普通預金で使う日が来るまでひたすら貯め続ければいいと思っていたのです。

窓口の人に勧められたのは保険への加入でした。元本保証型の保険に入ると5年後10年後には元本より多い金額のお金が戻ってくるというものです。その保険は生命保険だったり年金保険だったりするのですが、保険に入って自分の貯蓄額を増やすだなんて発想が無かった私にはとっても衝撃的でした。

私が無知すぎるというのもありますが…。今の時代普通預金に対する利率は0.02%前後、保険に入ると0.6%の利率も可能だと聞きました。貯めたお金を保険に加入して運用するというのも一つの方法だと思います。

貯蓄するには。

まず、貯蓄を増やそうと思ったら二つの方向で考えてみるといいと思います。

今ある貯蓄を増やすか、今より稼ぎを増やすかです。

まず、今ある貯蓄を増やすためには、どういった視点で考えていけばいいでしょうか。

毎月どれくらい貯蓄できているのか把握していますか。

把握していない人は、最初に行うといいのが家計の管理です。

どこにどれだけのお金を使っているのか、ムダはないのか知ることから始めましょう。

そうすると、自分でも知らないムダやお金の流れの傾向が見えてきます。

食費の多い人は毎日の事ですから、この機に食事を見直すことをお勧めします。

雑費が多い人はどんなところで使ってしまうのか把握しておくと歯止めが効き、無駄遣いも減ると思います。

家計を把握すると、節約や無駄遣いを抑制することも簡単になると思います。

家計簿などをつけていない人は節約や貯蓄のきっかけを作ることもできますので、おすすめです。

では、貯蓄を稼ぎで増やすにはどうしたらいいでしょうか。

正社員の副業は認められていない場合もありますよね。

しかし、アンケートモニターなどは大丈夫です。

そのようにお小遣い稼ぎもできますので一度興味のある分野を調べてみるといいのではないでしょうか。

このように、自分の働きかけひとつで貯蓄を増やすことも可能です。

一度考えてみてもいいでしょう。

貯蓄を先に!

私は、つい最近までは貯金することが苦手でした。

ついついほしいものがあるとクレジットで買ってしまって、ひどい時には貯金の金額が5ケタしかなかった時もあります。

そんな私ですが、上手く貯金をする方法を友人から聞いて試してみたところ、貯金の額が順調に増えるようになりました。

その方法は本当に簡単で、先に貯金をしてしまうこと、クレジットと貯金の口座を別にしてしまうことです。

先に貯金をするというのは私にとっては盲点でした。

先に貯金に回してしまうことで、遊ぶお金にしてしまわないようにするのです。

生活費や遊興費に先に使ってしまっていた私は、そこで使いすぎてしまい、定期的に貯金することが出来ていなかったのです。

また、クレジットで使う口座と貯金の口座を一緒にしていたので、私は口座に余裕があるだけ使ってしまっていました。

でも、口座を別々にすることで、貯金のためのお金まで使ってしまうことをふせぐことが出来るし、
額が減るので無駄遣いしないように注意するようになりました。

本当に、簡単な工夫なのですが、貯金を先に意識することによって、
貯金を計画的に貯めるようにするということが出来るようになるのです。

特に、先に貯金をしてしまう方法は本当にきちんと貯められます。

以前にはここを参考したりしてました・・・

すぐお金が必要なら自動契約機でキャッシング
http://valuelabo.info/

今ではなんとか必要なくなりましたw

全体を見て節約を考えよう

節約が必要になった時は、なんでもかんでもお金を使わないように考えてはいけません。

使わないようにすればするほど、使いたくなるものだからです。

使わないようにするにしても、抑えるべきところを抑えていれば節約できるものです。

それでも足りないとなれば、働くしか手段がありません。

一番抑えやすいところは、食費です。

閉店近くにいけば、食品が安くなっている場合があるので活用するとよいです。

また、バーゲンなど安くなるタイミングはお店によって違いがあるので、しっかりと計画を立てればより節約することができます。

家計全体から考えるにしても、あまり無理をしてはいけません。

無理な節約をすれば、疲れてしまい長続きしないものです。

さらに節約を成功させたいのであれば、目標を立てるとよいです。

節約をするということは、お金を貯めようとしているはずです。

目標金額があれば、いつまでやれば分かります。

目標が達成されれば、それだけで自信がつきまた節約しなければいけない時でも途中で諦めたりしなくなるものです。

どんな節約をするにしても、続かなければ意味がありません。

節約をきっかけに少しずつ生活を改善していけば、貯蓄もたまっていくものです。

目標を持っての節約。

今月の家計がちょっと苦しいなんて思ったことはありませんか。

そんな時こその節約が必要になってきているとは思いませんか。

いざ節約をしようと思っても何から手を付けていいか分からないと思います。

まず実際にどこが節約できるのか考えてみるといいと思います。

月にいくら節約することができるのか目標を設定すると節約のし甲斐もあると思います。

では、実際にどのように節約していくといいのか考えてみましょう。

家族の有無によっては家族の協力も必要になるとは思いますので家族のいる人はよく話し合っておくと後々問題が少なく済むと思います。

家族の協力を得たら、多少大目に見てルールやどんなところで節約するのか考えましょう。

何が何でも守れるわけでもないですし、できる範囲の節約をまず試してみることをおすすめします。

節約の方法としましては、固定で毎月払わなければいけない物とそれ以外と分けて、お金の流れを知るといいと思います。

固定費は見直すことで料金は下がる物がないか考えてみます。

そこで一般的より高いものがあれば、安くなるかどうか考えてみます。

どうしても安くならない様ならそれ以外の分野で節約を考えていきましょう。

なぜ固定費を見直すかと言えば、毎月のものになりますので積み重ねますと塵も積もれば山になるというように意外と大きな出費になります。

そこから手を付けると普段の生活を変えることなく楽に節約ができるのです。

足るを知ると貯蓄が増える?

7年ほど前、妊娠を機に仕事を辞めて、専業主婦になりました。

夫のお給料だけでの生活に、不安を感じつつの決断だったのですが、

なんとそのタイミングで、夫のお給料が月の手取りで5万円ほど減額になったのです。

もう、かなり動揺しながら出産をしました。

毎月、光熱費や保険など、口座引き落としのものを差し引くと、手元に残るのはわずかな金額。

でも、ないものはどうしようもないんです。

それでやって行くしかない。

食費は1週間にこれだけ…と決めて、お財布に余分なお金を入れないことから始めました。

実際、余分なお金なんてなかったのですが。

生活用品も、特売で必要な数だけ。買いだめは一切辞めました。

最初は厳しくて、すごく惨めな気持ちになりましたが、

慣れて来ると案外出来るんです。

お金に余裕が有る人を「うらやましい。」と思ったのも最初だけ。

「もったいない使い方をしているなぁ。」と、眺められるようになりました。

贅沢のレベルも人それぞれ。それもたまにするからいいんだ…そう感じたのです。

その後数年して、夫のお給料は元に戻りましたが、子どもにかかるようになった分だけは使うようにして、

あとはそのまま、貯金に回しています。

「ないものは仕方ない。それでやるしかない。」

これを遂行するには、手元に置かないこと。

なので、銀行に置いておくのではなく、給与天引きになる財形貯蓄にしていいます。

半年に一度送られてくる明細書を見るのが、本当に楽しみです。

「足るを知る。」

贅沢は上を見たらキリがない。これが私の座右の銘です。

ボーナス払いは慎重に

貯金が出来ない、あまりお金が溜まらないといっている知人たちで、共通しているなあと思ったのがクレジットカードの「ボーナス払い」や「リボ払い」を利用していることでした。

まずボーナス払いなのですが、今のご時勢ボーナスなど出ればラッキー、なくても仕方がないという景気の流れです。

もちろん公務員や絶対もらいはぐれる心配はないという会社もあるのでしょうが、それでも「まだ手元にないお金」を当てにして、ボーナス払いを選択している人は、お金の使い方を変えてみてはいかがでしょうか。

もらって、このお金は使っても大丈夫と確実に判明してから、使い道を考えるのです。

同様に、リボ払いをしているという人も、あまり貯蓄などを積極的にしようとしていない人が多いようです。

全部が全部そうだとはいいませんが、リボ払いはポイントなどの還元が高い分、それを利子として多く支払っているようなものです。

毎月幾ら幾らなら、返済が楽というところで止まってしまい、計算すると一括払いで払うより、高額であればあるほど支払う利子額が大きくなっていることを、知るほうがいいでしょう。

貯蓄をしたいのであれば、「あるはずのお金を使う」のではなく、まず貯金して「使ってもいいお金を引き出す」ようにしましょう。

いままでの習慣の見直しから始めよう!

簡単なようで難しいことですが、節約をしたかったら、いままで当たり前のようにやってきた習慣の見直しから始めましょう。

週末に用事もないのに、家族全員でショッピングモールに行ったりしていませんか?

長時間いればいるほどお金がなくなっていくシステムです。

喉が乾いたと子どもが言って、ファストフード店へ入り、家族全員で2000円使ったりして、
その後、夕食に行こうと焼肉やへ入って1万円かかったり。

お出かけは楽しいし、全部やめてとは言いませんが、こういう積み重ねで貯金ができなくなっていると思います。

遊ぶ場所で売っているソウトクリームは350円として、家族全員分で1400円。
ちょっと喉が渇いて1400円って、高いな……と思う人が節約できると思います。

福袋も1万円の福袋には3万円相当のモノが入っていると聞くと得だからと何個も買って、
結局、洋服は着ないまま処分ということもあると思います。

捨ててしまったら、まるまる損です。

そんなことをしないで、本当に必要ない1枚を普通の値段で買った方が安上がりだったのかも知りません。

私の休日の過ごし方は、朝からウォーキングへ行き、
ショッピングモールは食料品を買うために1人で行きます。

外でお茶を飲むことなく、昼には帰宅して、家族の昼食を手作りします。

ラーメン、焼きそば、大したものではないけれど、作りたてはおいしいです。

午後からはパソコンでプチ稼ぎしたり、撮りだめしたブルーレイを見て、本を読みます。
図書館へ足を運ぶこともあります。

たまに家族とお金のかかりそうなところへ行きますが、
家の近所のところしか行かず、用が終わったら、さっさと帰ってきます。

人と同じようにしていたら、お金は貯まりません。

レジャー費を抑えて浮いた分は下ろしにくい通帳に貯金しましょう。
外で何かよくわからないことに使わなければ、月に2万円は貯まります。

ぜひ試してみてくださいね。